『トラブルにならない退去申請』タイミングと注意したこと!

賃貸住宅に住んでいて、そろそろ退去したいと考えた時に、退去申請のタイミングはいつなのか迷う事ってありますよね?

退去したい日は決まっていても、退去申請に期限があるのかが分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、退去申請のタイミングは?というテーマで、期限や方法も併せて解説していきたいと思います。

これから、賃貸の退去を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

退去申請のタイミングは?

契約書を確認‼

それでは早速、退去申請のタイミングはいつまでにしなければならないのか?という点から解説していきたいと思います。

退去申請のタイミングとしては、基本的には退去しようと思っている日の1ヵ月前までになりますが、物件によっては2か月前更には6か月前という物件もあります

いくら、6か月前というのが理不尽であっても契約書にサイン、捺印している以上は従わざる負えないです

また、特約などで退去申請時の規定があるケースもあるので、そのような場合は特約の内容に従いましょう。

退去申請をする方法

では次に、退去申請をする際にどのような方法で手続きを行うのかという部分を解説していきたいと思います。

退去申請をする際は、まず入居している物件の大家さんか管理会社に退去したい旨を連絡します。

その際に、契約によって電話連絡だけで退去申請が完了する場合と、書面での提出が必要な場合があるので、契約書を確認しましょう。

書面での提出が必要な場合は、フォーマットに従って記入すれば大丈夫です。

一般的には、下記のような内容を記入する事になります。

  • 物件の住所、物件名、部屋番号
  • 契約者の名前、電話番号
  • 退去申請を提出する日
  • 解約日(退去予定日)
  • 退去理由
  • 敷金などの返金の際の振込先

上記以外にも、各賃貸によって退去申請に書く内容は異なりますので、退去したい旨を連絡した際に必ず確認しておくようにしましょう。

退去申請を行う際の注意点

では次に、退去申請を行う際の注意点について解説していきたいと思います。

新居との二重家賃に注意する

まず1つ目は、新居との二重家賃に注意するという事です。

二重家賃は、退去予定の物件と新居の両方で同時に家賃が発生してしまう現象の事を指しますが、退去申請を行うタイミングを間違うと二重家賃が発生してしまう可能性が高くなります。

そのため、新居での家賃が発生する日にちを確認するのと同時に、旧居の退去予定日を調整して二重家賃が発生しないスケジュールを組むことが重要です。

ライフラインの手続き

2つ目の注意点としては、ライフラインの手続きです。

退去申請を行うと、退去日が設定されそれまでに必ず退去しなければなりません。

そのため、退去日に間に合うようにガス・電気・水道などのライフラインの手続きを行う事を忘れないように注意しましょう。

保険などの解約

3つ目の注意点としては、保険などの解約です。

賃貸に入居する際に、火災保険などに加入していますよね。

退去申請を行って退去が決まったら、火災保険などの解約も必要になってきます。

そのため、退去申請を行ったら保険の解約も余裕をもって手続きするようにしましょう。

郵便物の転送届

そして4つ目の注意点としては、郵便物の転送届です。

郵便物の転送届は、意外と忘れやすい手続きなので注意しましょう。

退去申請を行い、退去日が決まったら郵便局で郵便物の新居への転送手続きを行います。

この手続きを行わないまま引っ越してしまうと、旧居に他の人が入居してからもあなたの郵便物が届いてしまう可能性があるので忘れずに手続きをする必要があります。

退去申請のタイミングを間違うとどうなる?

それでは最後に、退去申請のタイミングを間違うとどうなるのか?という点について解説していきましょう。

退去申請のタイミングを間違うと、予定している退去日に退去できない可能性があります。

契約書の内容によって異なりますが、退去申請の期限が退去予定日の1ヵ月前までという規程がある場合、1ヵ月前を切ってしまっている場合はさらに1ヵ月分の家賃を払う事になり、退去日も1ヵ月伸びてしまう事になります。

こうなると、先ほども挙げた通り新居の家賃が発生しているにも関わらず、旧居の家賃も支払うという二重家賃が発生する事になるので、退去申請のタイミングは慎重に確認するようにしましょう。

まとめ

さて今回は、退去申請のタイミングは?というテーマで、期限や方法なども併せて解説してみました。

賃貸の退去申請のタイミングは、それぞれの契約内容によって若干異なるので一概には言えませんが、多くの場合は退去したい日の1ヵ月前までには申請を行う必要があります。

退去申請のタイミングを間違うと、余計に家賃を支払う必要が出てくるので、契約書を確認し損のないようにスケジュールを計画するようにしましょう。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

mati

不動産歴27年目で生まれ育った神戸で小さな不動産屋を運営しています
『不動産のお役立ち情報』『地域のお役立ち情報』をブログで不定期に公開しています。不動産のお困り事などございましたら、お問い合わせフォームよりいただきましたらできるかぎりご回答させていただいております。