不動産売却マニュアル

どんな不動産営業マンがいいの?

どんな不動産営業がいいの?

不動産営業はどういった会社に勤めているのか?

 

 

どういった人格?

 

 

など営業マンによって大きく購入者に影響を与えてます

 

 

本当に今の不動産営業マンはあなたのことを考えて仕事をしていますか?

 

 

 

現在も不動産会社のノルマは厳しい?

不動産の営業マンを始めたときは、上司に常に収入の3倍の売上を上げてこいとよく言われていました

 

 

当時、25万円の手取りでしたが実際に保険や税金などをあわせると、1人に50万円は会社は使っている方150万円の売上を上げなければ

 

 

会社のお荷物だ

 

 

とよく言われていました

 

 

毎日、毎日、売り上げの事ばかり気になっている意識の中で、なかなかお客様のことを考えている余裕がなかったように思います

 

 

やはり、不動産の営業マンのノルマは厳しいのは今も昔も変わっていないようです

 

 

 

価値観が同じ営業マンがおすすめ

どんな営業にでもいえるのですが、価値が合わない営業マンほど厳しいものはありません

 

 

誰が聞いても納得することができない営業トークなどは気分が悪いだけです

 

 

本当に重要な説明や聞いたことに対して満足のある回答があれば、ストレスもあまり感じないと思います

 

 

数字では表れていないものですが、納得いく営業マンに出会うようにすることで

 

 

満足いく不動産購入をすることができます

 

 

 

まず、お客様の思っている事を実行する営業マンを探す

お客様の中ではいろいろな知識がある方も多くいらしゃいます

 

 

お客様の意見・考えには十分に確認をすることが必要です

 

 

長年不動産業界に身を置いている人間としては、やみくもに違いますという方もいらしゃいますが、できるだけお客様のいうことに近づけて

 

 

仕事をすることが大事だと思います

 

 

あくまでも高額な不動産取引においては、お客様の納得ということが一番重要だからです

 

 

 

まとめ

長年、不動産営業をしていて一番重要だと思うことは

 

 

お客様の知らない不動産のことについて、手になり足になり、目になるようにサポートできることが大事だと思います

 

 

そのために、営業マンは一日一つでも知識を吸収したいものです