不動産売却マニュアル

不動産契約のIT重要事項説明と電子契約が始まっています

不動産契約のIT重要事項説明と電子契約が始まっています
mati

令和元年から国土交通省が賃貸取引に限り、書面の電子化の社会実験を始めていたことからも

 

国の政策として『ITの重要事項説明』と『電子契約』の流れは避けられない状況になってきています

 

※検討会は平成26年度から開始されています

 

今後はパソコン、スマホを中心とした見学、重要事項説明、契約と

 

不動産の業務が移っていく時代になります

 

電子契約におけるマンション経営の変化

マンション・アパートを所有されているオーナー様は今回の電子契約に対して直接影響があるということはないようです

 

電子契約することによって、契約書を送る間のキャンセルの防止などは直接のメリットになります

 

どちらかと言えば不動産会社のコスト削減、効率化などで

 

管理費用を抑えることができるという不動産会社、管理会社が増えてくることが予想されます

 

効率化、コスト削減

今まで契約書を印刷して製本する作業時間も多く必要で、郵送代などの費用の削減が各不動産会社にできます

 

今後は電子契約、IT重要事項の説明のシステム導入が不可欠になる可能性があります

 

やはり、街の不動産管理会社においても導入できる人材と環境が必要になります

 

電子化することで、間違いなくコスト削減はできます

 

 

入居者トラブルが減る

家主さんに直接依頼された管理会社、不動産会社が入居者に直接契約をすることができるようになります

 

入居の斡旋業者を通すことでのトラブルはいままでも多くあったことです

 

管理会社が直接入居者に注意事項を伝えながら重要事項説明ができるということは、管理会社が入居者を把握することが

 

できるというメリットがあります

 

契約書の保存が容易になる

 

入居者の契約書紛失、重要事項紛失などにも簡単に電子データーを呼び出すことで

 

遠隔地でも早急に対応することができます

 

今後はスピード対応することで、トラブル回避や勘違いなども減少することができます

 

まとめ

賃貸のIT重要事項説明と電子契約がスタートしましたが、高額物件の

 

電子契約はまだまだ課題点も多いようです

 

不動産売買についても電子契約まで進んでいくことは間違いないでしょう

 

 

マチ不動産へのお問合せ

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
    Measures against new corona infection

    新型コロナ感染対策

     アルコール消毒設置|店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置

     接触箇所の消毒|ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています

     内見時および店舗内の換気|定期的に換気・消毒を行っています

     接客時の対応|お客様を対応する場所には、アクリル板を設置

     スタッフの取り組み|マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施

    お客様へのお願い

    お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

    大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します

    スポンサーリンク
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました