お客様の声

住宅ローンを組んで後悔?返済が苦しい時の対処法とは?

住宅ローンを組んで後悔?返済が苦しい時の対処法とは?

最近では、新型コロナウイルスの影響で仕事が激減したり、収入が安定しないという人が多くなっているように感じます。

そのような中で、やっと手に入れたマイホームの住宅ローンが、コンスタントに支払えなくなり後悔している人や、支払い自体が苦しいといった状況の人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、収入面から住宅ローンを組んだことを後悔している人や、支払いが苦しいと感じている人に向けて、対処法などをご紹介していきたいと思います。

住宅ローンの支払いで困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

住宅ローンが苦しい時どうしたらいい?

それでは早速、住宅ローンが苦しい時はどうしたら良いのか、対処法をご紹介していきましょう。

小見出し1、住宅ローンの返済期間の延長をする

まず1つ目の対処法は、返済期間の延長を検討するというものです。

例えば、住宅ローンの支払いが苦しい状況が一時的であり、一定期間を過ぎれば乗り切れる目途が付いている場合は、住宅ローンの返済期間を延長する事で対処することが可能です。

住宅ローンの返済期間を延ばせば、それだけ月々の返済金額が少なくなるので、負担が軽くなります。

しかし、住宅ローンの返済期間を延ばした場合は、金利負担も大きくなるので、収入が安定して資金に余裕が出来た場合は、老後に影響が出ないようにすぐに繰り上げ返済をする事をおすすめします。

一定期間の元本据え置き

2つ目は、一定期間の元本据え置きをしてもらうというものです。

住宅ローンは、支払いが苦しい状態になった時に、元本の返済そのものを据え置いてもらう事が出来ます。

しかし、こちらも据え置きをすると、それだけ金利負担が大きくなるので、余裕が出来た段階でなるべく繰り上げ返済をするようにしましょう。

一時的に短期固定金利に切り替える

3つ目は、一時的に短期固定金利に切り替えるというものです。

この方法も、支払いが苦しいのが一時的である場合におすすめの対処法となります。

近い時期の事だけを考えれば、固定金利期間が短いほど安くなり、短期固定金利に切り替えるのはリスクが高い方法と言えます。

しかし、収入が安定する見込みが立っていて、家計が好転する目途が立っている場合は、乗り切るための一時的な期間のみ短期固定金利に切り替えて、好転した段階で固定金利に戻す事をおすすめします。

毎月の返済とボーナス返済の比率を変える

そして4つ目は、毎月の返済とボーナス返済の比率を変えるというものです。

様々な事情から、ボーナスが減ってしまいボーナス返済が苦しい場合は、ボーナス返済を減らして毎月の返済分を増やす事で対処しましょう。

毎月の返済額と、ボーナス返済の比率を見直す事で、固定費の見直しにも繋がります。

住宅ローンが返済できなくても売却できる『任意売却とは』

では次に、住宅ローンが返済できなくても売却できる「任意売却」について解説していきましょう。

住宅ローンが返済できないと分かった時点で、放置するのは厳禁です。

専門家に相談をして、住宅ローン地獄からなるべく早く脱出する必要があります。

住宅ローンは、3か月程度延滞が続くと、個人信用情報に延滞情報が登録されて、ブラック情報として残ってしまいます。

このブラック情報は、例えその後延滞を解消しても、一定期間は記録として残り、正規の金融機関からの借り入れが出来なくなります。

そのような事を避けるためにも、まずは専門家に相談する事をおすすめします。

そして、専門家に相談した上で、現状で延滞状態を解決する事が難しい場合は、任意売却を検討します。

任意売却は、債務者が仲介業者を通じて売買手続きを開始するので、通常の売買と表向きは同じに見えます。

また、引っ越し代が捻出出来たり、退去後の条件が良くなる事もあるので、債務者にとっては住宅ローン地獄から早く脱出できるチャンスとなります。

任意売却をしても、住宅ローンの延滞のようにブラック情報としては記録されないので、住宅ローンの返済が難しい場合は、早めに専門家に相談して任意売却を検討しましょう。

まとめ

さて今回は、様々な事情から住宅ローンを組んだことを後悔し、支払いが苦しい状態になってしまった時の対処法などをご紹介してきました。

住宅ローンは、返済方法が何種類か用意されているので、何もせずに放置せずまずは可能な方法に変更することを検討してみましょう。

そして、それでも解消しない場合は、なるべく早く専門家に相談する事をおすすめします。

その上で、住宅ローン地獄から脱出できる方法として、任意売却も検討してみると良いでしょう。

任意売却は、ブラックリストに載ることはなく、住宅ローンを延滞する方がリスクが高いと言えます。

住宅ローンの返済が苦しい状況になってしまった際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:任意売却をするとブラックリスト入りしてしまうのか解説します!