不動産売却マニュアル

住宅ローンが否決!次にすることは個人情報の開示請求

住宅ローンの審査で否決される場合、ほとんどの場合が個人情報が原因のことが多いです

 

 

住宅ローンの審査で年収や購入不動産については事前審査を行う前に、銀行側でもわかっていますが審査をしてはじめてわかることが、個人情報ということになります

 

 

個人情報を確認するにはご自身で開示請求しなければ、確認することができません

 

 

 

個人情報の開示請求

個人信用情報とは

個人信用情報とは

個人信用情報とは、クレジット会社・金融機関との契約内容、支払い内容、残高などが登録されています

 

 

車のローンの残高

 

事業用資金の借り入れ

 

消費者金融での借り入れ

 

お支払いが遅れた情報

 

 

このような情報は管理されて登録がされています

 

 

住宅ローンの審査ではいままでの、金融機関との取引がすべてわかる個人信用情報を確認してから、審査の結果をだします

 

 

毎回、支払いが遅れている場合などはまず、審査に通ることはないようです

 

 

よく言われるのは、1回2回の遅れであれば勘違いなどで見逃されることもありますが、毎回毎回遅れているような場合は住宅ローンなどの大型の借り入れは厳しいかもしれません

 

 

 

開示請求

開示請求

個人情報を確認するには3社の情報機関に開示請求する必要があります

 

 

3社は金融機関の種類で扱う情報が違います

 

 

もし、取引をしたことのない金融機関であれば、開示請求をする必要はありません

 

 

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社日本信用情報機関

 

 

全国銀行個人信用情報センターとは

銀行・銀行系の子会社・銀行系のクレジット会社が登録している情報機関になります

 

全国銀行個人信用情報センターの公式ホームページ

 

株式会社シー・アイ・シーとは

 

クレジットカード会社、信販会社、百貨店系クレジット会社、消費者金融が加盟しており、3つの信用情報機関中最も多くの情報を記録している

 

株式会社シー・アイ・シー公式ホームページ

 

株式会社日本信用情報機関とは

 

消費者金融会社・クレジットカード会社・信販会社など金融機関が加盟している信用情報機関

 

株式会社日本信用情報機関公式ホームページ

 

取得方法

スマホ取得が便利です

 

 

窓口に行く方法、郵送で取得する方法などがあります

 

 

おすすめはスマホで取得です

 

 

アプリをインストールして、クレジットカードで支払いを済ませれば本人書留郵便で郵送されてきます

 

 

 

開示にかかる費用

 

全国銀行個人信用情報センター     1,000円

 

株式会社シー・アイ・シー       1,000円

 

株式会社日本信用情報機関     1,000円

 

開示内容が違う場合

開示して事実ではないことを登録されていて、住宅ローンの審査が通らないということもあります

 

 

その場合は登録内容について異議を申し立てて、訂正してもらう必要があります

 

 

 

登録情報は消えないの?

登録情報がいつまでも残っているといつまでも住宅ローンが借り入れできないということになります

 

 

安心してください

 

 

登録情報は5年から7年で消えます

 

 

情報の内容についてもかかる時間は変わるようです

 

 

 

クレジットカードを作りすぎない

クレジットカードは便利がいいですね

 

 

ポイント還元など複数持つことのメリットもありますが、住宅ローンの審査においてはマイナスです

 

 

できるだけ、カードは解約することをおすすめします

 

 

 

車のローンは負担が多い

住宅ローンの審査で車のローンで否決される場合も多いです

 

 

短期間で返済する車のローンは返済比率といって、収入に対する借入額が多くなります

 

 

できるだけ車のローンは組まないもしくは返済してから住宅ローンを申し込むことをおすすめします

 

 

 

日本政策公庫の遅滞は影響する

以前であれば、個人と事業資金と別々に考えで事業資金の返済で遅れが出ても住宅ローンの審査承認を得ていたことがありましたが、最近では審査不可になってしまうことが多いようです

 

 

事業資金の返済の遅滞も気を付けておいたほうがいいようです

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

住宅ローンの審査をしなければ、個人情報機関ということも知らなかったと思います

 

住宅ローンに限らず、金融機関との取引については綺麗にしないといざというときにお金がかりれないということがあります

 

ぜひ、この機会に金融機関との取引について安易な取引はやめることをおすすめします