不動産売却マニュアル

賃貸管理料の費用を高く感じませんか?業務内容と費用負担

賃貸管理料の費用を高く感じませんか?業務内容と効果について見直す必要もあります
mati

家主さんの大きな出費の中の一つが賃貸管理料です

賃貸管理料って本当に必要?

現在は管理と言っても家賃保証会社もあれば火災保険会社様々なサービスをつけています

実際に退去時のルームチェックが主な仕事になってきているところも多くなってきています

本当に管理手数料は必要なのでしょうか?

賃貸管理料と業務量

賃貸管理料3%~10%

家賃10万円の年間の管理料

3%+消費税 39,600円
4%+消費税 52,800円
5%+消費税 66,000円
7%+消費税 92,400円
10%+消費税 132,000円

1部屋の管理料になります

不動産会社との個別契約になりますので、負担額は違います

賃貸管理の業務量

最近の賃貸管理の業務量は変わってきています

家賃保証会社、家賃振込会社などの業務が従来不動産会社がやっていた管理業務を行ってくれるようになっています

以前では家賃が入っていない場合は入居者に催促、そして少額訴訟まで業務が多岐に渡っていました

また、入居サービスということで入居者の苦情などを24時間受けてくれる会社に入居者に入ってもらい一切の苦情などは受け付けなくなった不動産会社も多くなってきています

そのために、本当に管理料が必要ということも出始めてきています

家賃管理 不動産会社⇒家賃保証会社
家賃入金 不動産会社⇒家賃振込会社
苦情対応 不動産会社⇒24時間入居サービス会社
退去時ルームチェック 不動産会社⇒リフォーム会社
契約・重説の作成 不動産会社

という具合に不動産管理業務の量は各段に少なくなってきています

物件の競争力が求められている

少子高齢化や空家問題などの不動産賃貸のダブつきが最近目立ってきています

その中で好調な家主さんもいらしゃいます

設備、共用部分の設備投資などをやっておられる家主さんは常に入居率が90%以上です

その家主さんは管理会社を入れずに、24時間のサービス会社を入れておられます

管理料を設備投資に向けてより物件競争力のあるものしか入居者を確保することができない時代になってきます

まとめ

入居者や家賃が減少する中で今までの通の賃貸経営を行っていると、厳しくなる家主様も多くなってきています

費用の削減などを今後は管理会社にも相談することが家主様にも求められてくるようになってくると思われます

マチ不動産へのお問合せ

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
    Measures against new corona infection

    新型コロナ感染対策

     アルコール消毒設置|店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置

     接触箇所の消毒|ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています

     内見時および店舗内の換気|定期的に換気・消毒を行っています

     接客時の対応|お客様を対応する場所には、アクリル板を設置

     スタッフの取り組み|マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施

    お客様へのお願い

    お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

    大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します

    スポンサーリンク
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました