お客様の声

不動産の価格ドットコムはないけど、安く不動産を購入する方法

都会で割安な中古住宅の見つけ方と注意したことについてまとめてみました

中古住宅を購入する時に少しでも安く購入したいと思われることは多いのではないでしょうか?

賃貸では老後が不安

3,000万円を超えるような物件は考えられない

35年の住宅ローンを抱えて定年まで払い続けられる方もいらっしゃいますが昨今の経済事情では何年か先の仕事がちゃんとできているのかどうかも分からない時代に入ってきました

出来れば10年15年の返済ができるような不動産を購入したいと思われるは当然なことです

ただ、あらかじめ物件の安く購入することが不可欠です

安物買いの税に失い 

不動産には残念ながら価格ドットコムはありません

口コミを見ながら安い物件を探すのはまずありません

不動産は同じものがなく、景気・地域性・売主の経済事情など要素が絡み合って価格が構成されます

ただ、相場がはっきりしないために売主の経済状態で相場よりかなり安くなる可能性もあります

当然安い物件はあるのはあるていますがなぜ安いのかというのをわかっておかないと後で大変なことになってしまいます

誰も手をつけない不動産を購入すると次に売却することができないです

ご存知の通り不動産は捨てることができません

持っているだけで固定資産税都市計画税などの税金がかかることはもちろん最近では空き家対策の法律などが整備され所有者に対して建物の責任を求めることが多くなってきています

20%割引き?40%割引の物件とは

20%割引き?40%割引の物件とは

不動産会社の方に予めやすさという部分で探してるということを伝えてこういった物件が出れば教えてほしいと希望のエリアの担当している

不動産会社にあらかじめ伝えることが重要ですありすぐには出てこなくても頭の営業マンの頭の片隅にこういったお客さんいたなということが分かればまず一番に連絡が入るのではないかと思われます

  • 再建築不可の物件をは割安
  • 傾いている家も割安
  • 心理的瑕疵の物件は割安 
  • 道路付けが悪い物件
  • 土地の形が使いづらい物件
  • 防火地域での極小値の物件

不動産価格はご存知の通り需要と供給の関係で価格設定がされています

やはり再建築不可などマイナス要素を持った不動産については安い価格が設定されやすいことが多いです

価格は通常相場から言えば20%から40%ぐらい安くなる傾向にあります

毎日の生活のが非常に便利がいいです

また再建築不可の物件などであったとしても最近リノベーションなどでかなりいいものになる可能性もあります

不動産は化ける可能性があります

悪い要素があっても、それを綺麗にすることで評価があがります

そのため、あらかじめこういった物件はやめておこうと考えるのではなく検討するのも一つの方法ではないでしょうか

インターネットで探す

 スーモホームズではなかなか割安な物件はないです

スーモやホームズは掲載料が非常に高く取引があまり経験のない不動産会社は利用しないです

取引価格が通常の実勢価格に比べて割高に設定されている場合が多いです

割高の価格であったとしてもスーモやホームズは基本的に集客力が非常に高く不動産業者としては掲載する価値が非常に高いというのも原因です

まず、住宅を探す方はこのポータブルサイトを見るといっても過言ではありません

その点、アットホームは掲載料も安く通常お取引をあまりしない不動産会社も利用している場合が多く価格的に誤差が出やすい物件が出るのも場合があります

毎回取引している不動産会社であれば取引価格は実勢価格で近いですが売却が不慣れな不動産会社の場合は価格を下げすぎる傾向があります

だから、あまり聞かない不動産会社が掲載しているところにいいものが落ちていることがあります

毎日、物件を見るということも重要です

掲載が長くなったり、販売会社が変わることもよくわかります

そういった販売期間が長くなる物件も安くなる可能性が高いです

不動産会社によっては物件をスマホで撮ったものを掲載したりします

スマホも機能は上がっていますが、一眼レフの広角レンズに比べるとかなり暗く狭く映ります

実際にそういった物件を見ると意外と良かったりすることが多いです

インターネットの時代だからこそ、いいものが落ちているかもしれません

市町村がやってる空き家バンクで探す 

市町村がやってる空き家バンクに関してもおすすめです

空家というものは、所有者にとっては現在必要でないために、価格相談にも応じてもらいやすい特性があります

地元の販売経験の少ない不動産会社を探す

地元の販売経験の少ない不動産会社を探す

地元の不動産会社には長年付き合いの地元との付き合いで任されている物件というのが時々出てくる可能性があります

あんまり一般のお客さんが来ないなあというような業者に足を運ぶことによって思いがけない良い物件を紹介してくれる場合があります

時々不動産の売却をするような管理的な要素が高い不動産会社の場合 販売するツールが非常に少ないため売主さんから預かった物件の販売期間が長くなる傾向があります

そういった物件に対しては価格相談がしやすいというメリットがあります

まとめ

いかがでしたでしょうか

不動産の購入するにあたっては1年単位3年単位という形で長期で考えられた方が割安な物件に出会いやすいです

私ども不動産会社も毎日、毎日いい物件に出会うことはありません

だから、時間をかけて手間をかけて物件を毎日探しています

やはり短期で探されるお客様はが非常に多く

そういった場合、売却する場合は価格が下がることがほとんどになります

せっかく一生涯の住宅になるわけですから じっくり腰を据えていい物件に出会うように努力することでいい物件にも出会う可能性があります