1970年代の中古マンションの特徴

1970年代は住宅ローンが整備されてマンションが多く建築され始めた時期になります

マンションは団地タイプの建物で部屋は40㎡~50㎡の3DKタイプになります

天井高も2.2メートル程度で天井高が低いものが多いです

4階建・5階建ての建築でほとんどがエレベーターが設置されていないものになります

購入者もこの時代の建物が特に気にならないミドル層~シニア層が購入者になることが多いです

そのために上層階よりは1階・2階の人気が高いのが1970年代の建物の特徴です

 

1970年代のマンションの特徴

 

この記事を書いた人