民法改正で成人年齢が18歳で親同意なしで賃貸が借りることができます

成人年齢が2022年4月1日から20歳から18歳になりました

同時に仕事・結婚していたら成人という概念もなくなり年齢で分けられることになっています

女性の結婚も16歳以上から18歳以上と変わりました

 

民法改正

法律改正で何が変わった?

  • 保護者の同意なしで契約が可能(クレジットカード・携帯電話・賃貸住宅の契約)
  • パスポートが10年契約
  • 医師・公認会計士の資格が18歳で取得可(医師は医学部で6年必要)
  • 女性の結婚が16歳⇒18歳
  • 裁判員制度18歳

 

変わらないこと

  • 飲酒、喫煙は20歳以上
  • 公営ギャンブルも20歳以上
  • 国民年金加入義務は20歳以上

 

学生さんの賃貸の審査はやはり親の同意が必要

現在、大学生の賃貸契約はほとんどの場合は親の代理契約もしくは連帯保証人に親がならないと収入面がない大学生にはお部屋を貸すことはできない状況です

今回、民法改正で18歳で賃貸契約ができるといっても収入面は親に頼る必要があります

賃貸契約において、やはり親の同意がないと契約できないということは変わりません

 

まとめ

2022年4月1日から成人年齢が変わったことで社会生活でも少し混乱することが考えられます

変わること・・・・・

  • 保護者の同意なしで契約が可能(クレジットカード・携帯電話・賃貸住宅の契約)
  • パスポートが10年契約
  • 医師・公認会計士の資格が18歳で取得可(医師は医学部で6年必要)
  • 女性の結婚が16歳⇒18歳
  • 裁判員制度18歳

 

変わらないこと・・・・・

  • 飲酒、喫煙は20歳以上
  • 公営ギャンブルも20歳以上
  • 国民年金加入義務は20歳以上

と分かりにくい部分もあります

この記事を書いた人