お客様の声

親からお金を借りて住宅購入する時の注意点

親からお金を借りて住宅購入する時の注意点

親からお金を借りて住宅購入をご検討されている方もいらしゃると思います

親からお金を貰うと税金がかかるということをご存じでしょうか?

 

固い事言わないでと言われる方もいると思いますが、不動産を購入すると税務署から『お尋ね』というものが来ます

不動産を購入するのにお金の出どころをはっきりさせなければいけません

 

親からお金を借りて住宅購入するともちろん税金はかかりませんので、金銭消費貸借契約書をしっかりとつくなければいけません

 

 

親子間でも金銭消費貸借契約を作る。口約束は駄目です

適当に作っても税務署はお金を借りたという風にはみてくれません

金銭消費貸借契約書をきっちりと作るのには7つの項目が必要です

 

  • 貸借する金銭
  • 弁済期日
  • 利息
  • 遅延損害金
  • 期限の利益の喪失
  • 規定の印紙を貼る
  • 原本を大切に保管する

 

貸借する金銭

金銭を借りた金額を明確に記します

 

弁済期日

弁済する期日を記入します

 

利息

もちろん金利0は駄目です

必ず金利を記します

 

遅延損害金