任意売却では仲介手数料は必要?注意点などもご紹介します!

不動産売買の中でも、住宅ローンを滞納した場合などで、借入先の金融機関との話し合いの後不動産を売却する任意売却。

通常の、不動産売買でも仲介手数料が発生するケースが多いですが、任意売却の場合は仲介手数料は発生するのでしょうか?

頻繁に行われる売却方法ではないからこそ、仲介手数料に関して分からないという人も多いと思います。

そこで今回は、任意売却では仲介手数料は必要なのか?というテーマで、注意点なども踏まえながら詳しく解説していきたいと思います。

これから、任意売却を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不動産のURIDOKI|仲介手数料無料で不動産売却

任意売却では仲介手数料は必要?

それでは早速、任意売却では仲介手数料は必要なのか?という部分から解説していきたいと思います。

結論から言うと、任意売却の場合でも通常の不動産売却の場合と同じように、仲介手数料は必要となります。

仲介手数料は、不動産会社にとって重要な収入源ともなる部分なので、不動産の売却価格に応じて所定のパーセンテージをかけた金額が請求される事になります。

 

任意売却の場合の仲介手数料は誰が支払うの?

では次に、任意売却の場合の仲介手数料は、誰が支払うのか?という部分について解説していきたいと思います。

任意売却の際の仲介手数料は、売却される不動産の本来の持ち主ではなく、債権者になります。

そもそも、仲介手数料は原則として売主と買主双方あるいは、片方から受け取る事になっているので、不動産の元々の持ち主である債務者は、任意売却の場合は不動産を失う事になりますが、さらに仲介手数料の負担があるというわけではありません。

 

任意売却の際、仲介手数料は免除や軽減される?

では次に、任意売却の際、仲介手数料は免除や軽減されるのか?という事について解説していきましょう。

結論から言うと、任意売却の際でも仲介手数料が免除されたり、軽減される事はありません。

不動産取引を斡旋した場合に、不動産業者が得られる仲介手数料は、法律によって売買価格に応じた金額が決められています。

そのため、規程の範囲以上の仲介手数料を請求される事もありませんが、免除や軽減される事もありません。

 

任意売却の仲介手数料に関する注意点

それでは最後に、任意売却の仲介手数料に関する注意点を解説していきたいと思います。

任意売却を担当する不動産業者の中には、仲介手数料の他にも別途で費用を請求してくる業者もいます。

債務者は、立場的に弱いケースが多いため、「相談費用」や「事務費用」などと言った名目で、仲介手数料と併せて費用を請求されてしまう事があるのです。

そのため、任意売却をする際は、債務者の弱みにつけこむような不動産業者を選ばないように、しっかり見極めることが大切です。

 

まとめ

さて今回は、任意売却では仲介手数料は必要?というテーマで、注意点なども踏まえながら詳しく解説してみました。

任意売却をする時というのは、やむを得ない事情で不動産を手放さなければならない状況に追い込まれている債務者が多いですよね。

そのため、不動産売買の際の仲介手数料に関して、あまり分からないまま請求された通りにしてしまうケースが多いでしょう。

しかし、不動産業者によっては、債務者の弱みにつけこんで、仲介手数料の他にも別途で費用を請求する業者もいて、注意をしていないと余計に費用を支払う事になりかねません。

今回は、任意売却をする際の仲介手数料についてご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不動産のURIDOKI|仲介手数料無料で不動産売却

 

 

 

 

この記事を書いた人