不動産売却マニュアル

埋蔵文化財包蔵地とは

埋蔵文化財包蔵地とは
mati

購入した土地に埋蔵文化財がでてきたら、費用も日程も変わってきます

 

 

埋蔵文化財包蔵地についてまとめてみました

 

 

埋蔵文化財包蔵地とは

埋蔵文化財包蔵地とは

「埋蔵文化財包蔵地」とは

土地を掘って建築する場合に文化財「古墳・土器・石器」が発見されると、建築工事をする60日前までに教育委員会への届け出が必要になります

 

 

試掘を行い、もし遺跡が発見されてしまえば「発掘調査」を行い文化財の記録を残すことが義務になっています

 

 

埋蔵文化財包蔵地は遺跡が発見された土地のことをいいます

 

 

費用負担は土地の所有者

発掘費用という負担を土地の所有者は負担しなければならないのと同時に工事の予定もかわってくることは覚悟しなければいけません

 

 

埋蔵文化包蔵地の調べ方

ホームページで埋蔵文化包蔵地を調べてみましょう

 

 

神戸市の埋蔵文化包蔵地  こちら

 

 

エリアの中に入っている場合は教育委員会で工期・費用負担・スケージュールの確認が必要になります

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

 

文化財を後世に残すことは重要ですが、所有者の立場で考えると非常に負担が多すぎる内容です

 

 

不動産を購入する場合は必ず確認しなければいけませんね

マチ不動産へのお問合せ

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
    Measures against new corona infection

    新型コロナ感染対策

     アルコール消毒設置|店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置

     接触箇所の消毒|ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています

     内見時および店舗内の換気|定期的に換気・消毒を行っています

     接客時の対応|お客様を対応する場所には、アクリル板を設置

     スタッフの取り組み|マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施

    お客様へのお願い

    お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

    大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します

    スポンサーリンク
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました