事業用不動産の賃料には消費税がかかりますが、年間1000万円以上の家賃収入がある課税業者です

不動産の家賃には消費税がかかる場合とかからない場合があります

すべての家賃収入に消費税がかかるわけではありません

不動産の家賃の消費税について詳しく解説しました

消費税がかかる家賃収入とは

居住用の不動産の家賃は原則消費税がかかりません

住宅としての賃貸マンション・アパートの家賃収入には消費税がかかりません

事業用の不動産の家賃は消費税がかかります

事業用の不動産には消費税がかかりますが、事業用不動産すべての年間家賃が1000万円を超える場合に税金がかかります

その際、1000万円を超えた年の2年後から課税業者になります

ただ、1000万円以下になった場合はまた、2年後から非課税業者になります

住宅の家賃は非課税で事業用不動産はなぜ課税されるのか?

消費税の有無は個人、法人かは関係ありません

個人の場合は消費税がかからないと思われている家主様もいらしゃいますが、個人、法人の関係はなく年間の売上が事業不動産で1000万円以上の家主様に納付義務があります

そのため入居者から家賃、共益費に対して消費税10%をいただきます

住宅は消費税をかけるのにそぐわない

住宅の家賃や敷金などは消費税をかけるのにそぐわないというのが理由になります

例えば個人から個人に不動産を売却する場合も建物、土地には消費税がかかりません

また、土地には消費税がかかりません

まとめ

居住用不動産、事業用不動産の消費税について解説させていただきました

家賃非課税

  • 居住用の家賃・共益費、敷金、礼金

家賃課税

  • 事務所・店舗・倉庫・工場・事務所・店舗・倉庫・工場の共益費、礼金、保証金の償却費

この記事を書いた人