子供が巣立ってから家購入

子供が独立するまで賃貸で独立してから家を購入されるという素敵なアラサーのお客様にお越しいただきました

素敵なお考えの持ち主様でブログで紹介するご承諾も頂き、色々とお話を聞かせていただきました

目から鱗のお話も多く非常に勉強になりました

子供が独立してから家を買うメリットとデメリットについてまとめてみました

家を買うタイミング

結婚したタイミング

結婚したタイミングで家を買う方は少数派です

  • 経済的な問題
  • どんな家を買っていいのかわからない
  • 地域なども研究したい

などの理由で結婚のタイミングで家を購入される方の多くは親御様主導の住宅購入に限られるようです

子供が生まれたタイミング

子供が生まれたタイミングで家を購入される方は非常に多いです

長期の住宅ローンを組むのにも適しています

子供の校区内で家を購入する

学校区限定で家を探す方も非常に多いです

人気のある小学校区の不動産が値段が下がりにくいというのもこの理由からです

売却がむずかしいと思う不動産も学校区が同じということですんなり売れてしまうこともよくあります

子供が独立したタイミング

新しい不動産の購入のタイミングだと思います

現在も価格の付かない不動産が生まれてきています

今後、日当たりが悪いや条件によってはなかなか売れない不動産も増えてくると予想できます

そんな中で、子供が独立したタイミングで家を購入するというのは理にかなっています

子供が独立した時に家を購入する

子供が独立したタイミングに家を購入するメリットとは

  • 広さを求めなくていい
  • 引越しリスクが少ない
  • 学校区にこだわらなくてもいい
  • 年齢が上がると賃貸が借りにくくなる

子供がいるために購入要素が増えるために、高い物を購入しなくてもいいことが多くのメリットになります

また、夫婦二人など少人数で住むことで固定資産税、都市計画税などの税金が安くなるというメリットもあります

若くて大型の住宅をローン完済しても維持費である税金が高いということはよくあります

子供が独立したタイミングに家を購入するデメリットとは

  • 住宅ローンが組みにくい

デメリットとしてはローンが組みにくいということに限ります

まとめ

マイホームを購入するタイミングは人それぞれです

30代、40代で家を購入するのが当たりまえでしたが、現在はシニア層が家を購入するケースが多くなってきています

時代とともに変わっていくものです

子供が独立してから家を購入するという考え方は現在の日本においておすすめの選択肢になってきています

  • 金利アップ
  • 無駄なスペースを購入しなくて済む

など理由はさまざまです

住宅を購入するタイミングを今一度考えてもいいかもしれません

この記事を書いた人