不動産売却マニュアル

不動産の鑑定評価の原価法の計算方法と考え方

mati

不動産査定の一つの原価法は土地や建物の不動産を再度調達する時にかかる費用に基づいています

 

再調達するために必要な原価を補正して求めます

 

原価法とは

「原価法」とは

 

(建物を評価する時)

 

今、現在の建物と同じものを建築した場合の価格(再調達価格)から経年劣化によって建物の劣化を差し引く(減価修正)ことで算定します

 

 

「原価法」の計算方法

 

積算価格=単価 × 総面積 × 残存年数(耐用年数-築年数)÷ 耐用年数

 

 

耐用年数については構造によって変わります

 

 

建物の評価方法

  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3ミリ以下)19年
  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3ミリ超4ミリ以下)27年
  • 重量鉄骨造(骨格材肉厚4ミリ超)34年
  • 鉄筋コンクリート造47年
  • 木造22年

 

単価の計算は1㎡の単価で確認します

建築単価

(国土交通省のホームページより

土地を評価方法

土地の評価をする時は実勢価格と路線価格の両方を比較します

 

 

実勢価格 × 大きさ(㎡)

 

路線価格 × 大きさ(㎡)

 

 

の両方を比較する

 

まとめ

原価法は対象不動産を再度調達するといくらかかるのかということを

 

土地と建物で原価を出して補正することで試算価格を出します

 

原価法は再調達原価の計算ということになります

 

マチ不動産へのお問合せ

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
    Measures against new corona infection

    新型コロナ感染対策

     アルコール消毒設置|店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置

     接触箇所の消毒|ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています

     内見時および店舗内の換気|定期的に換気・消毒を行っています

     接客時の対応|お客様を対応する場所には、アクリル板を設置

     スタッフの取り組み|マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施

    お客様へのお願い

    お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

    大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します

    スポンサーリンク
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました