お役立ち情報

自分の本命卦からみる家相開運

人それぞれの吉方位凶方位は違います

本命卦と呼ばれるものを使います

本命卦が違うと吉方位も凶方位もちがってきますので、寝室は吉方位で寝ることで開運します

まず、本命卦を調べて自分にはどの方位が吉方位なのかを知ることが大事になります

 

本命卦とは

本命卦とは

離盤(りばん)

乾盤(けんばん)

艮盤(ごんばん)

兌盤(だばん)

震盤(しんばん)

坎盤(かんばん)

坤盤(こんばん)

巽盤(そんばん)

本命卦の調べ方

生まれ年 九星 男性の本命卦 女性の本命卦
1947年 八白土星

 

引越しするたびに人の運勢は変わるようです

どうせなら縁起のいい部屋に引越ししたいものです

窓からの眺めというのも縁起のいい部屋を選ぶポイントになります

部屋選びには駅近・家賃が安いという以外に、周辺環境は重要です

縁起のいい部屋の窓からの眺め

小学校・保育園などが見える

近くに小学校・保育園などの施設が近くにあると子供の声が聞こえてうるさいと思われる方もいらしゃいますが、子供のエネルギーは人にはいい影響を与えます。

小学校・保育園が窓から見える部屋は縁起のいい部屋だと言えます

赤ちゃんを抱いたとき元気になるというのも、赤ちゃんはエネルギーの塊ですのでいい影響を与えてくれます

 

公園の緑が見える

公園や山が窓から見えるというのも縁起のいい部屋だと言えます

緑などの自然が近くにあると癒されませんか

自然が近くにあるというのも縁起のいい部屋になります

 

お墓や病院が見える

お墓や病院が見えるお部屋はマイナスのエネルギーを受けやすい可能性があります

近くにお墓や病院などが見える部屋はできれば避けておきたい部屋です

風水ではお墓を陰宅(いんたく)、住宅を陽宅(ようたく)といい

陰宅⇒陰の気

陽宅⇒陽の気

をいう考え方があります

https://xn--fcts79ah7hv78a.com/yang-home-feng-shui-and-yin-home-feng-shui/

まとめ

賃貸住宅選びで人生を変わることもあるのであれば、風水を取り入れた住宅選びも効果的です

保育園・小学校などはうるさい・通学路として利用されたり住宅として生活する上でマイナス面もありますが、風水ではプラスになります

生活に風水を取り入れてみてはいかかがでしょうか

 

家相や風水はなぜいい影響・悪い影響を人に与えるのかがわかりにくいものです

中国で発展した風水という学問が日本に入ってきて九星気学という学問と結びつき家相が発展しました

江戸時代には家相の学派がいくつもあり日本人に家相という考え方が大きく影響しています

この目には見えない家相の影響はどのようなものでしょうか?

 

家相の根拠とは?

目に見えない『気』

『気』は目には見えないものですが、日本語には多く使われています

元気・気になる・気を使う・病気・気分・気が合う・気遣う・空気

など人にとって重要なものに『気』という言葉が使われています

 

『気』とはどういうものか

中国最古の医学書『黄帝内経』で殻気とを合わせて身体を満たすものとされています。

『殻気』=食物

とされています

最新の『量子力学』では分子・原子・電子など物体から物理力学の影響を受けているとされます

目には見えない『気』は物質によって影響を受け取るために、いい影響を与える『気』もあれば悪い影響を与える『気』もあるということになります

部屋が散らかっている ⇒ 気持ちが良くない

不平不満を言う人 ⇒ 周りに悪い影響を与える

芸術作品 ⇒ 安らぎを与える

『量子力学』の考え方でも影響を与えているということがわかります

 

人が生活の中心としている家も住む人に影響を及ぼすことが、古代中国で発展した風水や日本で発展した家相で学問として発展したものです

 

家相って重要?

現代の建築技術からは問題とされない湿気から家を守る考え方であったり、外部からの侵入者に対してどこを寝室にしたほうがいいのかというように安心安全に生活するための考え方が家相では大事にされています

家相が発展した時代の建物と現在の建物とでは大きく違いがあるので、家相を信じるよりは住みやすい家を建てたほうがいいという建築家の方もいらしゃいますが、本当にそれでいいのでしょうか?

『家相』はそんなに単純なものでもないように思います

 

古書の中では安心安全に生活できる実務的なところと目に見えない『気』の考え方というものを持ち合わせているようです

『悪い家相』

『やっていけない家相』

は目には見えない影響を感じます

まとめ

家相を目には見えない『気』の影響を受けているために根拠をしっかりと示すことは難しいです

また、松下幸之助翁は『松下電器産業株式会社』を鬼門の方位に当たる大阪門真市に移転させて日本の代表的な企業に育て上げています

 

量子力学などの最新の研究によっても分子・原子・粒子などはそれぞれ目には見えない影響をうけあっているということは証明されているので家相という考え方は昔の考え方で現在には合わないというのは非常に乱暴な考え方かもしれません

 

家相では家族の役割に応じた部屋が用意されています

父親は一家の大黒柱で家族において重大な役割を担っています。

健康でバリバリ働いてもらうことで、家族に生活費や財産を作り出してもらわないといけません

 

家の中心から西北の位置の部屋が主人の部屋になります

事業運や成功運がある部屋になります

 

陰陽五行節は家相には大きな影響を与えています

木→火→土→金→水 と万物は流れています

古代中国で始まり、日本に来て家相に影響している学問のことになります

 

木(仕事・情報・勉強・成長・発展)

火(美容・名誉・人気・知性・地位)

土(貯蓄・不動産・相続・安定・家庭)

金(金銭・援助・勝利)

水(恋愛・子宝・交際・秘密)

 

とそれぞれ意味があります

 

傘立ては雨の日も晴れの日も玄関先に置いて傘が建てられているのではないでしょうか?

傘立て・傘は普段は収納しているほうがいいです

風水では湿気を非常に嫌います

玄関は重要な位置づけになっていますので、湿気になるものは取り除いているほうがいいです

家相では玄関マットの必要性が先生によって違うことが多いです

玄関マットの役割は靴についた泥や湿気を自宅に持ち込ませないものです

 

家相では土地の形は長方形がいいということをご存じの方も多いです

ただ、長方形の土地でも縦長の長方形の土地が吉で横長の長方形と土地というわけではありません

家相では正方形の家は凶とされています

正方形の土地は一見、家相でも評価されているような気になりますが凶になります

 

子供部屋も家相風水を取り入れたいところです

子供部屋は中心から東もしくは東南の部屋を与えるようにします

長男らしい朝日のエネルギーの吸収して判断力・決断力を持つ子供に成長します

 

長男はなぜ、東側の部屋がいいのか?

東はエネルギーの源

朝日が入ってくる東側はエネルギ―の源です

寝る向きも東向きに寝ることで活動的で頭の回転がよくなるとされていて、東向きに寝る人が多いのもその理由の一つです

長男にはしっかりと育ってもらいたいというご家庭は多いと思います

東側というエネルギーの一番吸収できるお部屋は長男に向いている部屋だと言えます

 

歴代の皇室の皇太子の住まい東宮御所

平安時代から皇太子の居住スペースや執務の場所を東宮としており、次の天皇の居住スペースを東側に設置することが多かった

現上皇が皇太子明仁親王に1960年4月に総工費2億2300万円をかけて赤坂東宮御所が建築されています

その後現在の天皇である徳仁親王の居宅になっています

東向きは天皇家においても長男の位置とされています

 

家相風水は気の流れを知ることによって、気のエネルギーをとりいれることができる学問になります

気のエネルギーによって病気、元気、気力がおき、家相にあわせた家族それぞれの居場所によって開運されることを学問としています

易経・陰陽五行節・八卦をもとに家相が生まれています

 

方位盤にはそのようなそれぞれの学問が方位に散りばめています

 

 

二十四山方位盤

360℃を45℃を8つに分けてそれぞれの方位にを15℃づつ3つけに分けているものを二十四山方位盤といいます

方位盤には十干十二支(じっかんじゅにし)と九星気学(きゅうせいきがく)の方位が表示されています

 

方位 九星気学 十干十二支
一白水星
北東 八白土星
三碧木星
東南 四緑木星
九紫火星
南西 二黒土星
西 七赤金星
北西 六白金星

家相八方位の吉凶 一覧

 

江戸時代は家相はいくつかの宗派に分かれて家を建てるのに大いに役立ったそうです。

以前から家相を気にされるお客様になんどかご対応させていただきましたが、私自身が家相についての勉強をしていなかったのでなかなかいいアドバイスをすることができなくて悔しい思いをしていました

ご縁があり現在は家相の先生について勉強をさせていただいております

少しでもお役に立てるように家相の見方を学んでおります

家相は迷信

風水と家相は違い
  • 自宅に池を作ったらいけない
  • 正方形の家は神様の家
  • 継ぎ足しの家の増築は家族に不幸が起きる

など昔から言われていたことがあります

迷信と言われてしまえばそうかもしれませんが、実際にはそうでないかもしれませんよね

賃貸なら引越しすればいいですが、購入した不動産となると住み替えするのは難しいですよね

ユッキーナとフジモンの離婚

ユッキーナとフジモンの離婚

不幸があった時に後付けで、家相がわるいからだとはいわれたくないことないですか?

どうせなら簡単な家相は理解していたほうがいいことがないですか?

最近、家相を実感した出来事がありました

フジモンとユッキーナの離婚について驚いた方も多いかもしれませんが実は私は予想していました

離婚の数か月前にテレビ番組で新居が紹介されていました

ワンフロアタイプマンションでしたが、中央にエレベーターがあり囲むように部屋が設置されていました

家相から見ても最悪でした

番組で出演中の風水の李家幽竹氏も酷評でした

気の流れが悪く観葉植物を置いてもすぐ枯れる

家庭内のケンカが多くなるというような間取りでした

それから半年経たないうちに離婚の発表でした

風水・家相についてはあまりこだわりすぎることはよくないですが、特殊すぎる間取りはあまりおすすめできないというのが本音です

もし、家を購入する際は少し参考にしてもいいかもしれません

 

注意したい簡単な家相の見方

正方形の家より長方形の家

最近は上から見て正方形の家がお洒落だということでデザイナーさんがついている戸建などは正方形の家が多いですが、家相ではNGになります

正方形の家は神社などで用いられる社殿になり、神様の住まいになります

家相で言えば、長方形の家がいいと言われています

最低限の家相、鬼門と裏鬼門に注意をする

不動産業をやっているとずっと空いている店舗もあることによく気付きます

長い期間空き店舗で、たまに入居者がきまっても商売がうまくなるうまくいかずに3ヶ月後半年ではすぐ退去

調べてみるとやはり鬼門、裏鬼門に設備関係が来ていることが多いです

  • 玄関    南東向きが一番いいです。鬼門・裏鬼門は避けたほうがいいです
  • 火気    鬼門・裏鬼門は避けたほうがいいです

 

特殊間取のようにあまり特殊な間取りは止めておいたほうがいいです

入居者が決まってもすぐに潰れる散髪屋さんという物件があります

カットスペース、洗浄スペースが店の中央にドンと鎮座されていて、一見おしゃれなお店です

場所も駅から徒歩5分圏内の店舗になりますが、直ぐに潰れてしまいます

店舗中央に水道スペースはあまりよくないとされていますが、その通りになるので不思議です

家主様もお客様なので絶対におすすめできない物件ですとは口が裂けても言えないのが不動産屋の性(さが)です

不動産屋に流行りますか?

と質問すると間違いなく

 

流行るどうかはわかりませんが、場所、店舗はいいですよ

と答えられます

 

不動産屋に聞くのは絶対にナンセンスですので

ある程度、特殊な間取りは止めておいた方がいいかもしれません

逆にいい間取りはいうと

風水では東南向きの入口が一番いいです

問題は鬼門がある北東と南西です

そういった場合でも観葉植物で気の浄化をすることで、和らげます

明るくて気持ちのいい店舗をめざします

 

八方位で家族の部屋を決める

方位には家族の役割に応じた部屋があります

それぞれ、役割に応じた部屋を選ぶことで開運が望むことができるという八方位(はっぽうい)です

東の方位

長男に向いているお部屋です

朝日を浴びて成長や若さを意味し、仕事・勉強運・発展運などを伸ばす可能性があります

東南の方位

長女にむいているお部屋です

幸運や信頼を意味して、恋愛や結構運、社交運を伸ばす可能性があります

南の方位

次女に向いているお部屋です

知性や権利浴を意味して、美容運、人気運、名誉運を伸ばす可能性があります

西南の方位

母親に向いているお部屋です

努力や安定を意味して、家族運、健康運、不動産運を伸ばします

西の方位

三女に向いているお部屋です

収入、楽しみを意味して、金運、恋愛運、商売運を伸ばします

西北の方位

父親に向いているお部屋です

大きな財産や地位を意味する包囲です

事業運、玉の輿運、成功運などを伸ばします

北の方位

次男に向いているお部屋です

秘密事・神聖を意味します

東北の方位

三男に向いているお部屋です

相続、変革を意味します

まとめ

知らないより知っていたほうがいい風水・家相だと私は思っています

気に入った物件があれば、家の中心を取って方位磁石で位置関係を確認します

特に鬼門(北東)・裏鬼門(南西)の方角に出入り口がある物件は止めておいた方がいいかもしれません

私も不動産事業を始めて13年目です

儲かってはいませんがなんとか継続はできています

もしかしたら、家相・風水の力かもしれませんね

家を購入する時、事業を興すときは少し風水の力も利用してみて下さいね

 

おすすめの本

  • いいことがいっぱい起こる魔法の家のつくりかた 大平一枝
  • よい家相の家づくり  佐藤秀海

 

将来、家を建てたいと思われている方にはおすすめです

学んでいる先生 伊東寿珠先生

家相では古くから四神相応が一番とされています

どんな家かというと

南 開けた町(朱雀)

北 山(玄武)

東 清流(青龍)

西 道路・鉄道(白虎)

と朱雀・玄武・青龍・白虎の神様が家を取り囲む家です

日本では比較的このような立地は多いと思います

 

どうせ購入するのであれば四神相応の家探しをやってみましょう!

 

家や部屋にはそれぞれの特色があります

座山によって家・部屋の特色がわかります

座山とは玄関と反対側の壁がその家・部屋の特色になり、それに合わせて気をコントロールします

座山を見る時は男性と女性によって変わりますので注意が必要になります

 

座山とは

座山とは

座山の見方

方位には八方位と二十四方位があります

八方位

(東・東南・南・南西・西・西北・北・北東)

二十四方位

(壬・子・癸・丑・艮・寅・甲・卯・乙・辰・巽・巳・丙・午・丁・未・坤・申・庚・酉・辛・戌・乾・亥)

で方向を表します

座山の見方 24方位

八方位では玄関が『北西』になるので、座山は『南東』になります

二十四方位では玄関が『亥』の向きになり、座山は『巳』ということになります

 

座山の注意点

座山は風水の考え方になります

風水と家相は別物です

家相では北東(鬼門)北西(裏鬼門)ということで悪相になりますが、風水では鬼門という考え方は一切ありませんので、鬼門や裏鬼門を心配になることはありません

 

座山に合わせたソファー置く

それぞれの部屋にも座山があります

部屋のドアと反対側の壁が座山の向きになります

その位置にソファーを置くことで気の巡りがよくなります

また、向きに合わせたソファーを選ぶことでさらに効果アップします

 

北向(黒色・グレー)

北東(黄色)

東(青色・緑色)

南東(青色・緑色)

南(赤色・紫色)

南西(黄色・ベジュー)

西(白色・金色)

北西(白色・金色・銀色)

 

まとめ

風水では家の特徴・クセでもある座山を調べることで家・部屋の特徴を理解することができます

この座山を利用することで風水を生かせることができます

座山は入口や玄関の反対の壁の方位になります