賃貸管理・空室解消

空室対策におすすめのアイデアとは?空室になる原因なども解説します!

賃貸住宅を経営していると、空室状態が長い間続く事は出来れば避けたい事ですよね。

空室である期間が長ければ長いほど、家賃収入が入ってこないという事になり、出来るだけ早く空室対策をしたいと思う人が多いでしょう。

しかし、実際にどのような対策をしたら良いのか分からないという人も多いと思います。

そこで今回は、空室対策におすすめのアイデアとは?というテーマで、空室になってしまう原因も併せて解説していきたいと思います。

空室になってしまう原因

ではまず、そもそもどのような事が原因で空室になってしまうのか?という点から解説していきましょう。

原因が分からないと、対策のしようがありませんので、まずが原因をしっかり把握する事が大切です。

Wi-Fiなどのネット環境がニーズに対応していない

1つ目は、Wi-Fiなどのネット環境がニーズに対応していないという事です。

現在は、テレワークなどの取り組みが進んでいる関係で、賃貸住宅を探す際にネット環境を重視する人が増えています。

そのような中で、近年のニーズが高まっている設備を取り入れていない物件は、やはり空室が目立つようになっているのです。

地域の需要に合っていない

2つ目は、地域の需要に合っていないという事です。

例えば、近くに大学のキャンパスがある場合、間取りがファミリー世帯向けの物件はあまり需要を満たす事が出来ないという事になり、空室が目立ってしまう原因になるでしょう。

そのため、周辺地域の需要に敏感になっておく必要があるのです。

立地条件が悪い

3つ目は、立地条件が悪いという事です。

賃貸を借りる人にとって、通勤や通学を考えると交通の利便性が良いというのは最大の魅力です。

しかし、物件がある場所が駅から遠かったり、日当たりが悪いなど立地条件的に悪いと空室が目立つようになるでしょう。

このような場合は、他の利便性をアピールする必要があります。

家賃が周辺物件の相場とかけ離れている

そして4つ目は、家賃が周辺物件の相場とかけ離れているという事です。

周辺の賃貸の家賃よりも、高めの設定になっているとやはり空室の原因になります。

現在入居中の人も、同じような条件の物件で家賃が安い所があれば、そちらへ転居を考える人もいるので改善しないまま放置すると、さらに空室が多くなる事になります。

空室対策のアイデア

では次に、空室があって困っている時の空室対策のアイデアをご紹介していきましょう。

必要に応じてリフォームや修繕を行う

まず1つ目は、必要に応じてリフォームや修繕を行うという事です。

部屋の中の設備ももちろんですが、物件の外観も見落としがちな部分です。

入居者にとって、暮らしやすい部屋の中の設備も重要ですが、明らかに修繕をしていないような外観だと入居しようか迷ってしまう人も多いです。

そのため、外壁や屋根にヒビなどが入っている場合は、必要な修繕を行いましょう。

また、水回りのリフォームも意外と重要です。

特に女性は、水回りの清潔さを重視する傾向があるので、必要に応じたリフォームもしておきましょう。

入居者のニーズに合わせた設備を導入する

2つ目は、入居者のニーズに合わせた設備を導入するという事です。

スマホやパソコンで仕事をする人が増えている中で、無料Wi-Fiを完備しているという事は非常に重要なポイントです。

インターネットへの接続が簡単だと、それだけで空室を埋める事も可能なほど、入居者にとってインターネット環境は物件を選ぶ際の重要項目となっているのです。

そのため、入居者がどのようなものを求めているのかをしっかり把握しておく事が重要です。

利便性の高いシステムを取り入れる

3つ目は、利便性の高いシステムを取り入れるという事です。

新型コロナウイルスの影響で、置き配などが主流になってきていますよね。

このような状況を踏まえて、宅配ボックスを導入している物件も最近では多くなってきています。

また、近くにコンビニなどがない場合は、自動販売機を設置する事で入居者の利便性が高まり、空室を埋めやすくなります。

セキュリティ面を強化する

4つ目は、セキュリティ面を強化するという事です。

特に、女性の入居者にとっては、セキュリティ面が強化されている物件はそれだけで人気があります。

オートロックを採用していたり、管理体制が充実している事が空室対策として有効です。

広告を見直す

5つ目は、広告を見直すという事です。

もしも、入居者募集などを不動産仲介会社に任せている場合は、広告の方法を見直すのも良いでしょう。

最近では、スマホで不動産情報を得る人が増えていて、見やすさも非常に大切な要素となっています。

昔のような店頭募集だけでなく、こうしたインターネットを活用した方法に見直してみると良いでしょう。

募集条件や審査を緩和する

6つ目は、募集条件や審査を緩和するという事です。

例えば、募集条件として外国人や高齢者を敬遠していたような場合は、それらを少し緩和するだけでも空室対策になります。

リスクを考えて、募集条件を厳しくするオーナーさんもいると思いますが、家賃保証会社の誕生で昔よりリスクは小さくなっています。

そのため、全てを緩和する事は難しくても、周辺の他の物件の条件も参考に緩和してみると良いでしょう。

家賃を周辺相場に合わせる

そして7つ目は、家賃を周辺相場に合わせるという事です。

空室の原因でも解説しましたが、周辺の物件よりも家賃が高いとそれだけで入居者が集まりにくい状態になります。

そのため、まずは周辺の物件の家賃相場を調べて、現在の家賃が高すぎる場合は見直してみましょう。

まとめ

さて今回は、空室対策におすすめのアイデアとは?というテーマで、空室になる原因も併せて解説してみました。

賃貸住宅を経営している人にとって、空室が多くなる事は出来るだけ避けたい事ですよね。

空室が目立つには、それなりの原因があります。

そのため、まずは原因を把握して入居者のニーズに合わせていくと空室対策がしやすいでしょう。

ABOUT ME
mati
不動産歴27年目で生まれ育った神戸で小さな不動産屋を運営しています 『不動産のお役立ち情報』『地域のお役立ち情報』をブログで不定期に公開しています。不動産のお困り事などございましたら、お問い合わせフォームよりいただきましたらできるかぎりご回答させていただいております。
   
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。