不動産売却マニュアル

イオン銀行の住宅ローンにはこれだけのメリットあり!

イオン銀行は住宅ローンも提供しています。住宅ローンはどれも同じと思っている方がいるかもしれませんが、実はイオン銀行の住宅ローンはとてもに人気で多くのメリットを持っているのです

 

 

この記事では、イオン銀行の住宅ローンがどのようなのメリットを持っているのか紹介します。

 

 

現在のところイオン銀行の住宅ローンは低金利

イオン銀行は金利が低い

住宅ローンの金利は少し上がってきましたが、まだまだ低金利、現在は多くの住宅ローンで1%未満という低金利時代です

 

 

イオン銀行も住宅ローンの金利も1%未満、変動金利では0.57%(平成30年9月19日現在)の金利で住宅ローンの契約が可能です

 

 

ネットバンキングなどが住宅ローンの金利を大幅に引き下げている傾向にあり、楽天銀行や住信SBI銀行はかなり金利が低く設定されています

 

 

イオン銀行の住宅ローンは、これらの会社に匹敵するほど低金利で借りられるため、低金利で住宅ローンの契約を希望している方には使いやすいのです

 

 

繰上げ返済がやりやすい

イオン銀行では、繰り上げ返済によって返済のタイミングを任意に調整できます。繰り上げ返済は1万円から行えるサービスで、本来の引き落とし日とは異なる日時に返済が可能なサービスです

 

 

※関連記事「繰上げ返済に裏技はある?

 

 

メガバンクなどは手数料がかかる場合もあります

 

 

イオン銀行ではいつでも返済が可能になります。しかもパソコンから簡単に手続きが可能で、思い立ったときにすぐに返済手続きが行えるメリットもあります

 

 

毎月の引き落としを待たなくても、希望しているタイミングで繰り上げ返済を行えて、1万円から住宅ローン返済が可能になるメリットがあります

 

 

イオン銀行繰上げ返済

※イオン銀行住宅ローン繰上げ返済より抜粋

イオン銀行のローンを使うことで毎日のお買い物がお得です

スーパーで住宅ローンの支払い

イオングループの各お店でイオン銀行の住宅ローンを組んでいるとサービスを受けることができます

 

 

イオンセレクトクラブによって、イオン側が提供しているサービスの一部が住宅ローンと契約している人に提供されています

 

 

その中にはイオンの買い物が毎日安くなったり、ゴールドカードが発行されるなどのメリットもあり、イオンで様々な恩恵が受けられます

 

 

住宅ローンと契約して返済を続けている間は、イオンでの買い物が常に割引されます。この割引のサービスにより、私生活での出費を抑えられるメリットもあり、余裕ができた資金で繰上げ返済も

 

 

家計簿としてイオン銀行のATMとイオン銀行アプリの利用

毎日の行動の中にイオン系のスーパーに行く方は非常に多いのではないでしょうか

 

 

スーパーにはATMがありますので、スーパーと銀行をまとめて行くことが可能です

 

 

月々支払い口座をイオン銀行にまとめておくことで、家計の入金から出金などの管理が非常にしやすくなります

 

 

イオン銀行のアプリを使えば、入金から出金と一目瞭然で家計の管理をするには手間を省くことができます

 

 

イオン銀行WEB通帳

住宅ローンの返済が見える化で人生のライフプランにも使えそうです

 

 

又、スーパーのATMはあまり利用されていないので、銀行のように行列に並ぶということは少なくなります

 

 

イオン銀行ATM

イオン銀行ATMのメリットは

  1. 設置場所が他のネット銀行に比べて多い!設置場所はイオン各店,マックスバリュー,KOHYO,ミニストップ、イオンモール、ダイエー等
  2. 設置場所が開店中に利用可
  3. AM8:45~PM18:00の間、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行のATMでイオン銀行の出金手数料無料
  4. イオンセレクトカードであれば普通預金の金利0.1%(100万円1年0.1%で税引前1,000円の利息)※積立定期預金の場合は      0.15%
  5. イオン銀行からイオン銀行への振込は無料
  6. みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行のカードが利用可

オプションで住宅ローンに保険

イオン銀行の保険

長い住宅ローン返済において万が一、がんや生活習慣病などに不幸にもなってしまった場合に住宅ローンが免除される保険を組み合わせることもできます

 

 

ガン保障特約付住宅ローン

金利に0.1%上乗せすると

ガン保障特約付住宅ローン

詳しくはこちら

8疾病保障プラス付住宅ローン

金利に0.3%上乗せで

8疾病保障プラス付住宅ローン

詳しくはこちら

 

 

※支払い条件は病名によって変わりますので詳しくはイオン銀行コールセンター(0120-13-1089)までお願い致します

イオン銀行住宅ローンのここは注意

住宅ローンには保証料という保証会社に保証してもらうためのお金が通常かかります

 

 

支払い方法は保証料外枠方式の前払いと内枠方式の月々の返済に上乗せして払う分割の方法があります

 

 

保証料外枠方式

東京三菱銀行(3,000万円 35年 2.064%の保証料)619,200円

内枠方式

東京三菱銀行(3,000万円 35年 金利0.675%プラス0.2%)840,000円

外枠方式のほうが一見お得ですが、繰上げ返済する場合は完済時期によって内枠方式のほうがお得な場合もあります

 

 

ネット系の住宅ローンは保証料無料になってますが、本当にお得なのでしょうか

 

 

イオン銀行の3000万円 35年間の住宅ローンの手数料は

保証料              無料

事務手数料            648,000円

東京三菱UFJ銀行の3000万円 35年間の住宅ローンの手数料は

保証料              32,400円

事務手数料(外枠方式)      619,200円

保証料と事務手数料の違いで両行の手数料の違いはあまりないようです

 

 

ただ、保証料と事務手数料と名前が違うことでお金の性質が違います

 

 

保証料は早く返済すれば一部返ってきますが、事務手数料は返還されません

イオン銀行の注意する点は繰上げ返済で早く返済が終わっても、名目が事務手数料なので全く返済されませんが、保証料の場合は一部返還されます

 

 

※関連記事:「イオン銀行住宅ローンのデメリットは)

 

 

まとめ

イオン銀行住宅ローンの注意点

いかがでしたでしょうか

 

 

ネット銀行の住宅ローンはますます貸付残高が増えて、ますます身近な住宅ローンになりつつあります

 

 

イオン銀行の魅力は他のネット銀行に比べて実店舗があるために色々なサービスをうけることができることです

 

 

長い期間支払い続ける住宅ローンですので、ライフスタイルにあった住宅ローンを選ぶことで楽しんで返済することも可能です

 

 

 

※イオン銀行最新の金利はこちら