生活お役立ち情報

最古の神社伊弉諾神宮の御由緒?御利益は?

島全体がパワースポットと呼ばれている淡路島に最古の神社伊弉諾神宮があります

ここで祀られている伊弉諾大神は天照大御神の御父上になり日本国の始まりを作り、国家統治を御子神の天照大御神に託したと古事記・日本書紀に記されています

歴史のある神社だけに御利益も多岐に渡り『縁結び・子授け・安産・夫婦円満・心願成就・厄除開運・病気平癒』とされています

敷地内には放生の神池(ほうじょうのかみいけ)夫婦大楠(めおとおおくす)幽宮(かくりのみや)と参拝されたら是非お参りしたいところです

 

伊弉諾神宮

名称 伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
住所 〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
電話 0799-80-5001
HP http://izanagi-jingu.jp/
地図

 

放生の神池

放生の神池放生の神池

 

生命の永続を願う池で病気平癒などの信仰が古来からありました

 

夫婦大楠

夫婦大楠夫婦大楠

安産・子宝子授・夫婦円満の信仰を集めています

幽宮

幽宮

伊弉諾大神が終焉時に住居跡に神陵を築いたものが本殿になります

日本最古の神社の起源になる場所です

 

幽宮の裏方も参拝幽宮の裏方も参拝

 

伊弉諾大神の神社伊弉諾大神の神社

 

大型の駐車場が2つあり、無料で停められます

ABOUT ME
mati
不動産歴27年目で生まれ育った神戸で小さな不動産屋を運営しています 『不動産のお役立ち情報』『地域のお役立ち情報』をブログで不定期に公開しています。不動産のお困り事などございましたら、お問い合わせフォームよりいただきましたらできるかぎりご回答させていただいております。
   
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。