賃貸マンション

入居者の入れ替わり時に鍵交換は貸主、借主どちらが負担すべき?

賃貸マンションの入居者の入れ替わり時に鍵交換することで入居者が安心することができます

ただ、鍵交換費用は貸主、借主どちらが負担すべきかは疑問が残ります

ほとんどの不動産会社では入居者負担で入居時に借主に負担を求められます

借主が負担すべきものでしょうか?

鍵交換費用は貸主、借主どちらが負担すべき?

法的には貸主、借主の負担は言及されていない

国土交通省のガイドラインでは、『入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題であり、賃貸人の負担とすることが妥当と考えられる。』とされていますが、決して貸主負担ということにはなっていません

そのために貸主、借主の鍵交換の負担は特に定められていません

 

鍵交換をしていないくて、前入居者が侵入してきた場合

鍵交換をしていない場合に前入居者が侵入するということは考えられます

その際、危害を加えられた場合に貸主の責任について責任が問われる可能性があります

 

鍵交換の例

どうしても入居者が新しい鍵に変えてもらいたい場合

どうしても入居者が新しい鍵交換をしてほしいという場合はやはり入居者負担ということになります

女性の場合はやはり、新しい鍵交換を負担してでもされたほうがいいです

古い鍵のローテーションを貸主が行った場合

マンションの場合、マンション内で鍵のローテーションを組んで鍵交換をされる貸主もいらしゃいます

前借主が同じ部屋に入ることはできませんが、ローテーションを組んでいることが解ればどこかのお部屋には侵入される可能性があります

古い鍵のローテーションで鍵交換を行ったという貸主の主張は契約時の説明状況や、費用負担額の相当性などで最終的には争そう可能性はあります

まとめ

入居者にとって鍵交換は安心な生活を確保する上においても重要です

そのため国土交通省のガイドラインには鍵交換費用は貸主が負担するのが妥当とされています

ただ、明確な判断はできませんので、借主負担というところに落ち着いています

 

ABOUT ME
mati
不動産歴27年目で生まれ育った神戸で小さな不動産屋を運営しています 『不動産のお役立ち情報』『地域のお役立ち情報』をブログで不定期に公開しています。不動産のお困り事などございましたら、お問い合わせフォームよりいただきましたらできるかぎりご回答させていただいております。
   
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。