空き家を放置するとどうなる?考えられるリスクや対処法などもご紹介!

最近の日本では、空き家が増えてきています。

核家族化など様々な理由から、全国的に空き家が増えているのですが、空き家を放置すると色々なリスクも伴います。

そこで今回は、空き家を放置するとどうなるのか、考えられるリスクや対処法というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

不動産のURIDOKI|仲介手数料無料で不動産売却

空き家が増えている理由

それではまず、そもそもなぜ空き家が増えているのかという点を見ていきましょう。

 

少子高齢化の影響

まず1つ目の理由としては、少子高齢化の影響です。

子どもが、就職や結婚などで実家を離れると、高齢の両親のみが残る事になります。

子どもが、後々戻ってくるという状況を除くと、そのまま高齢の両親が亡くなった場合その家は空き家になってしまう可能性が高いのです。

空き家を子どもが相続した場合でも、子どもも別に住宅を持っている場合は結果的に空き家は放置される事になります。

さらに、空き家を壊すのに費用がかかる事と、更地で所有していると固定資産税が高くなるという理由から、空き家のまま放置する人が多いというのも現状です。

 

新築住宅の需要が高まっているから

2つ目の理由としては、新築住宅の需要が高まっているからという事です。

現在の日本では、中古の戸建を購入したいと考える人の割合よりも、新築の物件を購入したいと考えている人の方が多いと言われています。

中古住宅は、そのまま入居できる場合を除いて、多くの場合は多少のリフォームが必要になります。

住宅を購入する費用+リフォーム費用を考えると、最初から新築の物件を購入した方が良いと考えるケースが多いようですね。

このような理由から、現在の日本では空き家が増えてしまっていると考えられているのです。

 

空き家を放置する事で考えられるリスク

では次に、空き家を放置する事で考えられるリスクを解説していきましょう。

 

倒壊などの恐れがある

まず1つ目は、倒壊などの恐れがあるという事です。

空き家のほとんどは、老朽化が進んでいるのでいつ倒壊してもおかしくない状況の家が多いでしょう。

さらに、定期的に人が訪れる事もないため、何かのきっかけで空き家が倒壊して周辺の住民へ被害が発生しても、すぐに対処できない可能性が高いのです。

日本では、1981年に建築基準法が改正されて、新しい耐震基準が導入されましたが、空き家の多くはそれ以前の物件が多いと言われています。

そのため、少しの揺れでも倒壊の恐れが高まるのです。

 

犯罪などの発生確率を高めてしまう

2つ目は、犯罪などの発生確率を高めてしまうという事です。

犯罪を行おうと考えている人は、誰も住んでいない空き家を常に把握しています。

そのため、長年空き家になっている所は、不法侵入や放火など犯罪が発生するリスクが高まると言われているのです。

家の中に金目のものがないとしても、放火などでは近隣の家にも迷惑がかかってしまう可能性があり、場合によっては深刻な被害をもたらしてしまうケースも考えられます。

 

固定資産税が6倍になる

そして3つ目は、固定資産税が6倍になるという事です。

通常は、空き家の状態で保存していた方が、更地にするよりも固定資産税は安く済みます。

しかし、明らかに倒壊の危険性が高いような空き家の場合は、自治体が「特定空き家」に指定することがあるのです。

この、特定空き家に指定されると、固定資産税の減税措置を受ける事が出来なくなり、結果的に今までの6倍ほどの固定資産税を納付しなければならない事になるのです。

 

リスクを回避するための対処法

それでは最後に、リスクを回避するための対処法をご紹介していきたいと思います。

 

 賃貸として貸す

まず1つ目の対処法としては、賃貸として貸し出すという方法です。

多少のリフォームが必要になる場合もありますが、それでも解体する費用などを考えれば空き家を管理する手間も省けるので、メリットが大きいと言えるでしょう。

また、空き家が建っている立地条件によっては、需要が高く借り手もすぐに見つかる可能性があります。

 

売却する

2つ目の対処法としては、空き家を売却するという方法です。

空き家を解体せず、古家付きの土地として売却するという方法もあります。

安く設定しておけば、意外と買い手が見つかるケースが多いので、日常的な管理が出来そうもない場合は、売却を検討するのも一つの方法でしょう。

 

まとめ

さて今回は、空き家を放置する事で考えられるリスクや対処法というテーマで、詳しく解説してみました。

現在の日本では、少子高齢化社会の影響もあり空き家が増えている事が問題となっています。

家は、人が住んでいないとどんどん老朽化が進み、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあるのです。

空き家を所有している場合は、ぜひ今回ご紹介した対処法を検討してみてくださいね。

 

不動産のURIDOKI

この記事を書いた人