お客様の声

大手不動産会社VS地元密着の中小の不動産会社どちらに依頼したほうがいい

大手不動産会社VS地元密着の中小の不動産会社どちらに依頼したほうがいい

マンションを売却する場合大手不動産会社に依頼するのか、地元の中小の不動産会社に依頼するのか悩むところです

大手不動産と地元不動産業者のメリットデメリットについてまとめてみました

大手不動産会社の長所短所

物件情報や販売の手順などもマニュアル化されているので、『安心』ということが言えます

実際に販売するのはお勤めになられている社員さんになります

社員さんによってはやる気がある方も多くいますが、そうでもない場合もあります

大手不動産会社は依頼するお客様も多いので1人の営業マンが複数の物件を担当されます

その中で売れやすい物件もあれば売れにくい物件もあります

実際は売れる物件に手をかける営業マンが多く、ノルマをこなしやすいということが言えます

 

営業マンはそれぞれノルマがあります

質問すると『ないですよ』と回答が来るかもしれません

でも、あります

私も不動産業界にいて20年以上の経験から申し上げますと機械的にさばいている営業マンが数多くいるようにいると思います

もちろん、そうではない方もいらしゃいますよ

査定・・・相場より安く設定する

価格・・・売れなければすぐに値段を下げる圧力を出します

などどんどんさばいていかないとノルマが達成できないためにお客様の事情よりは不動産会社の論理が優先される傾向が強いです

『囲い込み』の問題点

大手不動産会社に一番多い問題点は『囲い込み』です

売主から依頼を貰うと成約すると仲介手数料をいただきます

買主も他社ではなく自社で見つけることで買主からも仲介手数料をいただくことができます

つまり、他社に買主を見つけてもらいたくないという考え方がめばえます

  • 他社には案内させない
  • 物件情報を出さない
  • 広告はさせない

で販売の長期化や価格が下がるという弊害もでます

大手不動産会社の囲い込みの問題点については各メディアでも報道されはじめられています

大手不動産が不正行為か流出する“爆弾データ”の衝撃

 

地元中小不動産会社

地元不動産会社は地元で悪い噂は困る

地元中小不動産会社の魅力は地元密着ということと、担当者や経営者がほとんど変わらないということです

その地で営業を続けなければいけない地元中小不動産会社はあまりアコギなことをできない環境だとも言えます

ただ、企業風土でお客様満足度より売上を優先する会社もあればそうでもない会社も多いです

大手不動産会社の場合は人事異動・退社などで担当者や店長はよく変わります

 

情報不足が否めない

不動産は情報が第一です

地元不動産会社では大手不動産会社に比べて情報量は劣る部分があります

取扱い物件数の違いです

 

ホームページで社長の人となりを見る

中小の不動産会社は社長がどのような考え方で営業をされているかがホームページを見ることで確認することができます

社長を見ることでどのような会社かがわかります

 

不動産屋のミスで損害を受けた時は大手のほうが安心?

供託金・分担金は僅か

不動産業を行うのには本店1000万円・支店1か所につき500万円を供託所に供託します

もしくは不動産協会に分担金を支払うことでも営業することができます

供託金制度は想定外のトラブルが起きた場合宅建業者が代金を支払う能力がない場合、供託金で弁済します

ただ、不動産という高価格の損害は決して1000万円では対応できないこともあります

 

小さい会社は宅地建物取引士賠償責任保険で1億円まで補償

1000万円では負担を保証できない可能性があるために、保険加入制度ができています

保険についてはすべての不動産会社が加入しているわけではなく、加入は任意ですので入っている会社もあればそうでない場合もあります

最大1億円の補償が受けられる保険になります

中小の不動産会社に依頼する場合は宅地建物取引士賠償責任保険に加入しているかどうかを確認しているほうがいいです

マンション売却で不動産会社の選び方