賃貸マンション

ビレッジハウスの入居条件に付いて詳しく解説します!

一般的な賃貸物件に比べると、初期費用や家賃が安いという事で人気を集めているビレッジハウス。

空きがあれば、入居したいと考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、ビレッジハウスの入居条件が具体的に分からないという人もいるでしょう。

ビレッジハウスの入居条件は、一般的な賃貸物件に比べるとゆるいと言われています。

そこで今回は、ビレッジハウスの入居条件について詳しく解説していきたいと思います。

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

ビレッジハウスの入居条件とは?

それでは早速、ビレッジハウスの入居条件を解説していきましょう。

ビレッジハウスに入居する為には、原則として契約者は収入があるという条件があります。

基本的には、家賃の3分の1以上の月収があれば、入居審査は通過出来ると言われていますが、収入の具体的な金額に関する規定は特に設けられていません。

ビレッジハウスは、一般的な賃貸物件に比べると、そもそも家賃が安いので収入に関しても比較的低く設定してある可能性がありますね。

ビレッジハウスの入居条件のゆるさ

では次に、ビレッジハウスの入居条件のゆるさについて解説していきましょう。

無職でも入居審査可能

まず1つ目は、無職でも入居審査可能という事です。

先ほど、収入があるという事が入居条件という解説をしましたが、ケースによっては無職の状態でも審査可能な場合もあるのです。

どのようなケースかというと、「現在は無職だが、すでに就職先が決まっているケース」と「代理契約のケース」です。

現在無職の状態でも、就職先が決まっていて「内定通知書」や「雇用証明書」などを提出できる場合は入居審査可能となっています。

また、無職の方が契約するのではなく、親族や知人など収入がある方に代理契約してもらう場合は、入居審査可能となっています。

外国人の方でも入居審査可能

2つ目は、外国人の方でも入居審査可能という事です。

外国人の方でも、入居条件を満たす収入がある場合は、入居審査可能となっています。

生活保護の方でも入居審査可能

3つ目は、生活保護の方でも入居審査可能という事です。

生活保護の方の場合は、生活保護受給証などの提出が出来るケースでは、入居審査可能となっています。

高齢者の方でも入居審査可能

そして4つ目は、高齢者の方でも入居審査可能という事です。

高齢者の方でも、年金などの収入があれば年金受給証などの提出で、入居審査可能となっています。

ただし、審査内容によっては近くに住む親族の方に、連帯保証人になっていただく可能性があります。

ビレッジハウスの入居条件がゆるい理由

では次に、ビレッジハウスの入居条件がゆるい理由を解説していきたいと思います。

ビレッジハウスでは、一般的な賃貸物件の審査と異なり、入居審査の際に家賃保証会社を利用しないという特徴があります。

多くの賃貸契約では、家賃保証会社を利用するためその分、入居審査が厳しくなりやすいと言われています。

家賃保証会社は、要は連帯保証人のような形ですので、家賃保証会社にも審査があり、その審査を通過できないと入居する事が出来ない仕組みになっています。

しかしビレッジハウスの場合は、家賃保証会社を利用せずに独自の入居審査を行っているので、一般的な賃貸物件に比べると入居条件がゆるいのです。

ビレッジハウスの入居までの流れ

それでは最後に、ビレッジハウスの入居までの流れについて解説していきましょう。

問い合わせ

まず最初は、ビレッジハウスのホームページにて、電話か問い合わせ専用フォームから物件を問い合わせます。

急いでいる場合は、電話の方が早く対応してもらえます。

しかし、仕事などでどうしても時間内に問い合わせが出来ない場合は、24時間対応のメール問い合わせがおすすめです。

お部屋の内覧・見学

次は、お部屋の内覧・見学です。

問い合わせが終わったら、お部屋の内覧・見学の日時を予約して実際に内覧します。

お部屋の内覧は、物件に常駐している管理人さんが行います。

この時点で、物件に関する不明点は聞いておきましょう。

申し込み・審査

次は、申し込み・審査です。

お部屋の内覧・見学の際に気に入った場合は、その場で申し込みを行う事が出来ます。

その場で、申し込みを行いたい場合は、下記のものを準備しておきましょう。

  • 身分証(運転免許証、健康保険、住基カード、在留カード(外国人)、外国人登録証(外国人)など)
  • 印鑑
  • 住民票の写し
  • 収入証明、所得証明書(直近1ヵ月分の給与明細)

契約・入居

そして最後に、契約・入居です。

審査に通過して、賃貸借契約書の締結、前払い家賃を支払ったら、鍵の引き渡しが行われ入居になります。

鍵の引き渡しは、現地に常駐している管理人が行ってくれます。

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの入居条件について詳しく解説してみました。

ビレッジハウスの入居条件は、一般的な賃貸物件に比べるとかなりゆるいという事が分かりましたね。

初期費用も抑えられるため、非常に人気なのです。

これから、ビレッジハウスに入居したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビレッジハウスの入居までの流れ
【注意したいところ】
オプション費用は?
防音対策は大丈夫?
違約金について
メリットとデメリットについて
初期費用は
評判は?
UR賃貸との違いは?
火災保険は必要?
仲介手数料は?
女性の一人暮らしはできる?

【サービス】
引越しサポートはお得?

【審査】
ブラックリストについて
高齢者でも入居審査は通る?
外国人でも入居できる?
学生でも入居できる?
入居条件とは
無職や生活保護受給者は入居できる?
審査に落ちる事例は?

【契約】
電子契約について
代理契約について
マネージメント会社は

【入居】
家賃の値上げはある?
インターネットについて
BSCSは利用できる?
自治会は入る必要ある?
事務所利用はできるの?
エレベーターはあるの?
駐車場は?
家賃を滞納したら?

【退去】
退去費用は?

ABOUT ME
mati
不動産歴27年目で生まれ育った神戸で小さな不動産屋を運営しています 『不動産のお役立ち情報』『地域のお役立ち情報』をブログで不定期に公開しています。不動産のお困り事などございましたら、お問い合わせフォームよりいただきましたらできるかぎりご回答させていただいております。
   
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。