不動産購入マニュアル

原状有姿(げんじょうゆうし)とは?中古住宅の注意するべきこと

原状有姿(げんじょうゆうし)とは?中古住宅の注意するべきこと
mati

中古住宅のトラブルの原因にもなる現状有姿げんじょうゆうし)とはどういうことでしょうか

 

また、よく現状有姿と瑕疵担保責任との違いをまとめてみました

 

現状有姿(げんじょうゆうし)とは

現状有姿(げんじょうゆうし)とは

 

原状有姿は中古住宅を手を加えない状態で「あるがままの姿」で引渡(ひきわたし)する時に使われる言葉です

 

契約した時はわからなかったが引渡を受けて気がついたことが、買主にとっては納得いかない場合もあります

 

現状有姿としてあるがままの姿で不動産を引き受けることが、中古住宅の注意する点です

 

買主はこんなはずではなかったと思わないように、契約前に中古住宅の状況を不動産会社や売主に確認をしてから購入手続きに入るようにしたいです

 

新築住宅と大きく違うところは中古住宅の場合は「あるがままの姿の不動産」を購入するという認識が必要です

 

原状有姿と瑕疵担保責任の違いとは

原状有姿(げんじょうゆうし)とは?中古住宅の注意するべきこと

契約時に不動産会社から説明を受ける瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)というものがあります

 

瑕疵担保責任とはある一定の決められた不動産の瑕疵(欠陥)部分については、契約書で定められた期間は売主が責任を負うということです

 

  • 雨漏り
  • 白アリ
  • 構造上主要な部位の腐食
  • 給排水設備

 

引渡後3カ月間は売主が責任を負うということです

 

特に注意しなければいけないのが、

 

  • 売主は瑕疵担保責任(欠陥部分)については知らなくても保証しなければいけません
  • 買主は瑕疵担保責任(欠陥部分)を知って購入しても保証は受けることができます

 

売主は買主に比べて、瑕疵担保責任については責任が重くなります

 

このようなことが、引渡後におきないように制度としては

 

  • 既存住宅状況調査の実施
  • 既存住宅売買瑕疵保険

 

という制度があります

 

すべての状況が瑕疵担保責任とはなりませんが、現状有姿として引渡できるものとそうでない部分があることを売主・買主が理解することでトラブルは避けることができます

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

現状有姿で買主はある程度の状況把握した上で、住宅を購入しなければいけません

 

売主の了解がとれれば、既存住宅状況調査をしてから契約することもできます

 

ただ、できたばかりの制度になりますので、売主の了解が取れない場合もあります

マチ不動産へのお問合せ

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
    Measures against new corona infection

    新型コロナ感染対策

     アルコール消毒設置|店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置

     接触箇所の消毒|ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています

     内見時および店舗内の換気|定期的に換気・消毒を行っています

     接客時の対応|お客様を対応する場所には、アクリル板を設置

     スタッフの取り組み|マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施

    お客様へのお願い

    お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

    大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します

    スポンサーリンク
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました