お客様の声

不動産買取のデメリットは

不動産買取デメリット

不動産買取って実際どんなものか一般的にはなかなか知らない方が多いと思います

 

 

購入者は不動産会社です

 

 

基本的には安く購入してリフォームして再度売却(転売)

 

 

不動産会社は再度売却する時に売れなければ負債になりますので、買取金額は安くなりがちです

 

 

不動産買取のデメリットについてまとめてみました

 

 

 

市場の相場の7割~8割

不動産買取は魅力もあります

 

 

  • 不動産買取は現金化しやすい
  • なんども内見の必要がない
  • 仲介手数料はかからない
  • リフォームの費用がかからない
  • 瑕疵担保責任の負担がない
  • 近所に秘密にできる

 

 

など魅力もありますが、市場価格の7割~8割と金額的には抑えられる場合多いです

 

 

住宅ローンがまだまだある場合などはおすすめできません

 

 

仲介手数料がかからないことや瑕疵担保責任の負担がないことなど直接的に費用がかからない場合もあります

 

 

瑕疵担保責任が予想されるような物件の場合などは不動産の買取がいいのかもしれません

 

 

 

 

時間的に余裕がある場合は市場で売却

不動産買取デメリットは

不動産を売却する時間的な余裕があれば、市場価格で売却することは十分に可能です

 

 

買取と不動産の仲介との違いは時間的な制約を解決するための方法だと思います

 

 

 

買取デメリットを最小限にするため複数の不動産会社に買取査定

不動産買取は会社会社によって買取金額は大きく変わります

 

 

信頼ある不動会社に相談してみて、希望金額に近づけることは可能です

 

 

最近では中古市場価格が以前は少なかった大手の買取業者も増えてきました

 

 

円滑な資金で購入案件を探されていますので、思いがけない査定金額もでる場合もあります

 

 

市場価格で売却する前に買取査定を行うことで納得した金額を提示されて買取を選ばれるお客様も最近は多くなっています

 

 

買取を考えられる場合は2、3社というより5,6社に査定依頼してみましょう

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

 

不動産買取専門の不動産会社も増えてきていますので、以外といい提案もあるかもしれません

 

 

不動産売却する場合はあらゆる方法を確認して、ご自身に一番合う業者選びが重要です