ビレッジハウスで家賃滞納したらどうなるの?引き落とし日などもご紹介します!

賃貸物件に入居していれば、だれでも毎月家賃を支払う事になりますよね。

ビレッジハウスでも同じで、指定された引き落とし日に毎月家賃が引き落とされます。

しかし、何かの理由で家賃を滞納してしまった場合、どうなるのか心配です。

そこで今回は、ビレッジハウスで家賃滞納したらどうなるのか、また引き落とし日についても詳しく解説していきたいと思います。

住まいが探せるビレッジハウスなら、欲しい暮らしがお手頃価格で始められます。手数料は一切不要

ビレッジハウスの家賃引き落とし日は?

それではまず、ビレッジハウスの家賃引き落とし日はいつなのかという所から解説していきましょう。

ビレッジハウスでは、毎月27日に指定された口座から家賃が引き落とされる仕組みになっています。

ただし、指定の引き落とし日が、土日祝日に当たる場合は特営業日に引き落としになります。

そして、引き落とし手数料は無料となっています。

ビレッジハウスの家賃は、「口座振替日のご案内」というハガキが毎月届くので、万が一忘れてしまっていても安心です。

口座の残高が不足している事がないように、引き落とし日前日までに入金しておくようにしましょう。

家賃引き落としの申し込み方法

では次に、家賃の引き落としを行うための申し込み方法をご紹介していきましょう。

家賃の口座振替は、ビレッジハウスと賃貸契約を結んだ後に、契約書類と一緒に申込み書が送られてきます。

その申込み書に、口座情報を記入して契約書類と一緒に郵送すれば、口座振替の申し込みは完了です。

また、郵送ではなくビレッジハウスの公式サイトから、オンラインで登録する事も可能です。

ビレッジハウスで家賃滞納したらどうなる?

では次に、ビレッジハウスで家賃滞納したらどうなるのかという事について解説していきたいと思います。

ビレッジハウスで家賃滞納すると、年14.6%の割合で計算した延滞利息が請求されます。

まず、家賃を滞納すると、家賃の支払いが遅れているという内容の青い封筒が届きます。

中には督促状が入っていて、コンビニで家賃の支払いが出来る支払い用紙が入っています。

その支払い用紙を持って、指定の期限までにコンビニで家賃の支払いを行えば大丈夫です。

さらに、家賃を延滞した月の翌月に、「今月の家賃引き落としは、遅延金を含めた金額を引き落とします」という内容の封書が送られてきます。

そこに、請求された遅延金と家賃を合算した金額が、翌月に引き落とされる事になります。

ビレッジハウスの家賃滞納で遅延金を支払わなかった場合は?

それでは最後に、ビレッジハウスの家賃滞納で遅延金を支払わなかった場合はどうなるのかを解説していきましょう。

全てに当てはまるわけではありませんが、だいたい家賃滞納をして2ヶ月後くらいにビレッジハウスの管理人が家賃の支払いについて訪ねてくることがあります。

具体的な対応は、その時々で異なりますが、出来るだけ管理人が訪ねてくるまで放置しておく事はやめましょう。

なお、ビレッジハウスではおおよそ半年~1年程度家賃の滞納が続いている場合は、契約解除を行う事が多いようです。

家賃の回収は、アプラスという会社が代行しているので、契約解除のタイミングはアプラス次第という事になります。

中には、家賃滞納2ヶ月で契約解除の知らせが郵送されてきたという人もいますので、滞納日数はケースバイケースとなります。

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスで家賃滞納したらどうなるのか?というテーマで、引き落とし日なども踏まえながら詳しく解説してみました。

ビレッジハウスの家賃回収は、ビレッジハウス自体が行っているのではなく「アプラス」という会社が代行しています。

今回ご紹介したように、ビレッジハウスでは家賃滞納をしたからと言って、すぐに強制退去させられるような事はありません。

しかし、滞納した分遅延金が発生し、滞納歴という形で今後にも影響が出てしまうので、出来るだけ家賃の滞納はしないようにしたいですね。

万が一、諸事情で家賃の引き落とし日に間に合わなかったけれど、すぐに支払う事が出来るという場合は、「口座振替日のご案内」ハガキに記載されている連絡先へすぐに連絡すれば、対応してもらえるので連絡するようにしましょう。

この記事を書いた人