賃貸不動産の広告費と仲介手数料の違い

不動産会社から広告費がいくらといわれてもよくわかりませんよね

なかなか複雑になります

広告費によく似た仲介手数料があります

両者の違いについてわかりやすく説明しています

 

広告費と仲介手数料の違い

仲介手数料

賃貸の仲介手数料の場合、宅地建物取引業法で金額が上限金額が設定されています

家賃1か月分を100%を貸主・借主が費用を支払うのかが法律で決められています

  • 入居者家賃50%   家主家賃50%
  • 入居者家賃100% 家主家賃0%
  • 入居者家賃0%   家主家賃100%

仲介手数料の場合は入居者と家主合わせて家賃の1か月分が手数料の上限と決められていますので、家主側の仲介手数料はゼロ円で広告費として手数料をいただくことが一般的です

 

仲介手数料は法律で上限で決められていますが、広告料は上限が決められていません

現在、入居者を募集するのにあたっては高額なネットの広告費や人件費などがかかり、仲介手数料だけで募集するのは現実的には困難です

 

また、仲介手数料の価格競争も起こっています

仲介手数料半額はよく見るようになりましたが、更に最近では仲介手数料ゼロ円という賃貸会社も多くなってきています

そのために入居者から手数料頂かない不動産会社が家主さんからいただくようにしている営業スタイルになります

 

広告費とは

広告費は家主さんから不動産会社に入居者を募集・契約・鍵渡しをするのに対して支払われる報酬になります

基本的には入居者から決済をいただくために相殺する形がとられます

広告費の流れ

という流れで入居者の支払った初期費用から不動産会社に支払うべき費用が差し引きされてお振込される形になります

 

不動産会社に支払うべき費用としては

  • 広告料
  • 毎月の管理料

になります

広告費 ⇒  不動産会社に新しく入居者を募集・契約・入居までをまとめてくれた費用

管理料 ⇒  毎月の家賃管理・入居者トラブル・退去のルームチェックなど入居中の対応

 

広告費と管理費の相場

分譲マンションの広告費   家賃1か月~3か月

分譲マンションの管理費   家賃の5%

一般的な広告費と管理の一般的な相場になります

広告費は入居者を募集するのに難しい物件・対応できないエリア・賃貸に弱い会社などの場合は費用が掛かる傾向です

募集を他の会社にも依頼するために報酬を支払わなければならないためです

 

管理費についても対応できる物件とそうでない場合などによって管理費がかわります

広告費、管理費については不動産会社・管理会社によって違います

また、交渉することもできますので、希望の金額をいってみましょう

 

広告費と特別広告費

広告費と仲介手数料の違いはない

つまり広告費と仲介手数料には特に違いはなく、不動産の法律の宅地建物取引業法という法律に基づくと仲介手数料の上限が決められているために上限金額が設定されていない広告費という形をとっています

現在の入居者が益々少なくなっていく時代になると、広告費の上昇は避けられないようです

 

まとめ

賃貸の仲介手数料と広告費の違いについてまとめてみました

お客様から手数料をいただく場合は宅地建物取引業法という法律に基づいています

仲介手数料は家賃1か月分を上限として入居者もしくは家主から費用をいただきます

広告費については法律に上限が決められていません

 

仲介手数料と広告費についてはどちらも成功報酬になります

言い方の違いは法律の上限のためになります

 

今後は入居者減少時代にはいるために、入居者からの費用がなかなか取れない時代です

つまり需要と供給のバランスが崩れて供給過多になることが予想されています

そのために広告費は上昇していく可能性が高いと言えます

 

   
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。