賃貸物件で入居者が亡くなった時の告知する4つのポイント

賃貸物件でも高齢化社会で人が亡くなるということも多くなってきます

入居者が亡くなった時に新しい入居者に場合によっては告知する義務があります

次の入居者に対して告知するポイントが告知義務ガイドラインになっています

告知するポイントは4つあるのでまとめてみました

家主さん、管理会社は告知するポイントを間違えると、今後トラブルに巻き込まれる可能性がありますので注意したいポイントです

 

事故物件の告知するポイント

 「自然死」 「不慮の事故」のお部屋

不動産賃貸の場合、自然死や転倒などで亡くなった場合は告知義務はありません

人がその物件でなくなるということは大きな問題ではありません

ただ、発見が遅れてしまいお部屋を汚損してしまった場合は入居者に伝える(告知)が必要です

告知のポイントは汚損した部屋が大規模リフォームや特殊清掃が必要になるということが前提となります

 

「自殺」「事件による死」お部屋

告知が必要です

 

告知すべき期間

告知する場合は賃貸の場合は3年間になります

 

問い合わせがあった場合

入居者にとっては気にする方もいればそうでない場合もあります

もし、人が亡くなったかどうかの相談を入居者から受ければ速やかに答えてあげる必要があります

 

まとめ

事故物件の告知ガイドラインのおかげでいままで、不動産業者によって判断の分かれていたグレーな部分がはっきりしてきました

ただ、人の死は非常にデリケートな部分になりますので、まだまだケースバイケースという部分が多くありますので、簡単に判断せずに専門家にご相談されるのが無難と言えます

 

この記事を書いた人