賃貸管理・空室解消

サーブリース業者から賃貸マンションを守るにはどうしたらいい?

サーブリース問題から賃貸マンションのビジネスモデルに変化が!
mati

長年不動産業界にいると、会社の移り変わりが激しいのに驚かされます

新卒で入った中堅マンションディベロッパーは有名人をCMにどんどん使って、マンションを売りにうっていましたが、あえなく数年後倒産

業界でサブリースという言葉がはやりだしたのは数十年前でした

あえなく、ほとんどの会社が家賃交渉、家賃滞納30年保証だったのでは?

 

サブリース

30年家賃保証は同額の家賃保証ではない

契約書に30年家賃保証とかかれたなかに、2年ごとに家賃の見直しありという

 

ことをよく見かけました

 

つまり、30年間で家賃は2年ごとに下がるということです

 

不動産の価値は新築当時が一番よく、家賃も高くとれます

 

ただ、10年後から下がります

 

家賃が上がるというような現象はほぼありません

 

費用をかけてデザイナーにリノベーションをかけてもらうことで家賃があがることもありますが、費用をかけることであがります

 

サブリースは得か損か

物件をたくさんサブリースすることで、サブリース会社はリスクヘッジができるから利益がでるとよく説明をしますが、本当にそうなのでしょうか

 

1棟のマイナスのマンションを抱えることで、2棟のプラスのマンションの利益で補填するようなビジネスモデルがうまくいくのでしょうか?

 

マイナスのマンションも2年間は家主さんは家賃をいただけますが、見直しされたら意味がありません

 

プラスのマンションのオーナー様もサブリース会社の利益から家賃を保証してもらっても、本来の家賃収入をおとしているだけではないでしょうか?

 

サブリース会社は家賃を高くできる

サブリース会社が家賃を高く取れるというようなことはありません

 

入居者募集はポータブルサイト仲介会社に斡旋してもらうことが一般的です

 

魔法のように高く取れることはありません

 

大東建託・レオパレス21などのビジネスモデルの変化

 

CMでもこの2社は特に知名度が高いので、地主さんの土地に賃貸マンションを建築して、賃貸管理をするというビジネスモデルで(建築費+管理費)の売り上げで非常に成長を遂げています

 

ただ、2年前のガイヤの夜明けという番組でレオパレレス21の建築違反の賃貸マンションの建築で今季は800億円の赤字を計上しています

 

大東建託は以前は建築+管理での売り上げで大きくなってきましたが、

 

最近では建築+管理+仲介という分野で利益を確保しています

 

建築+管理というビジネスモデルは変わっていっているようです

 

サブリースより仲介

サブリースというなかで家賃保証という一番家主さんにとっては魅力的なシステムですが、

 

家賃減額交渉、解約などが今回の新型コロナウィルス問題で広がってきているようです

 

今後は賃貸マンション・アパート経営も大きく変わっていくようです

 

 

マチ不動産へのお問合せ

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
    Measures against new corona infection

    新型コロナ感染対策

     アルコール消毒設置|店舗入口や各テーブル等にアルコール消毒の設置

     接触箇所の消毒|ドアノブ、テーブル・椅子等の消毒を定期的に行っています

     内見時および店舗内の換気|定期的に換気・消毒を行っています

     接客時の対応|お客様を対応する場所には、アクリル板を設置

     スタッフの取り組み|マスク着用の徹底、出勤前の検温、感染を疑われる症状の有無の報告を実施

    お客様へのお願い

    お客様につきましても来店の際にはマスクの着用・手指のアルコール消毒をお願いしております。

    大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力をお願い致します

    スポンサーリンク
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    Recommend
    こちらの記事もどうぞ
    記事URLをコピーしました