歳徳神様のいる方位に向かっていただく恵方巻の御利益は

恵方巻きの方位をネット検索する方も多いと思います

方位は歳徳神(としとくじん)様がいる方位の4つの方位だけです

  • 東北東
  • 西南西
  • 南南東
  • 北北西

 

商売繁盛・無病息災と言われていますが、黙ってそれぞれのお願いを歳徳神様にお願いするとともに恵方巻をいただくということです

ご利益はそれぞれで違うということになります

恵方巻の方角の考え方

歳徳神様のいる方角がいる方向は毎年変わります

方位は4方位のみになります

  • 東北東
  • 西南西
  • 南南東
  • 北北西

 

今後20年の恵方巻の方位

2022年 壬(みずのえ) 北北西
2023年 癸(みずのと) 南南東
2024年 甲(きのえ) 東北東
2025年 乙(きのと) 西南西
2026年 丙(ひのえ) 南南東
2027年 丁(ひのと) 北北西
2028年 戊(つちのえ) 南南東
2029年 己(つちのと) 東北東
2030年 庚(かのえ) 西南西
2031年 辛(かのと) 南南東
2032年 壬(みずのえ) 北北西
2033年 癸(みずのと) 南南東
2034年 甲(きのえ) 東北東
2035年 乙(きのと) 西南西
2036年 丙(ひのえ) 南南東
2037年 丁(ひのと) 北北西
2038年 戊(つちのえ) 南南東
2039年 己(つちのと) 東北東
2040年 庚(かのえ) 西南西
2041年 辛(かのと) 南南東

 

決め方

十干 西暦の下一桁 恵方
甲、己 4、9 東北東
庚、乙 0、5 西南西
辛、癸、丙、戊 1、3、6、8 南南東
壬、丁 2、7 北北西

毎年、十干(じゅかん)が変わります

10年間で一巡します

そのため西暦も下一桁は10年で一巡しますので、同じように確認することができます

 

年ごとに歳徳神様が移動します

その年に神様がいる方位に向かって、黙々と恵方巻をかぶりつきお願い事をするという風習になります

 

恵方巻の歴史

江戸時代の終わりから明治時代の始まりに、船場商人から始まったとされて今では全国に広がっています

当時の船場商人の勢いは凄まじく日本の中心地として金・人・物が全国から集まっていました

そういった大阪人が恵方に向かって太巻きを食べだしたのがルーツです

根拠はないかもしれませんが、御利益があった人から風習が広がっていったのでしょう

東京に広がったのは2001年頃コンビニで販売されたことがはじまりだと言われています

この記事を書いた人