ベランダ喫煙で洗濯物につくタバコの臭い問題!

2018年7月健康増進法を改正が2020年4月1日から全面施行されてから、管理物件のタバコの臭い相談が増えてきています

部屋での喫煙を家族から止めれているためにベランダで喫煙されている方も多いと思います

ただ、ベランダは実は共同建物の緊急時の通路にもなります

お隣の洗濯物にタバコの臭いがついてしまい、苦情の相談が増えてきています

管理会社としてはタバコの苦情については早期に解決を目指します

 

戸建の換気扇の下の喫煙

タバコの臭い問題はマンションに限ったことではありません

戸建でもタバコの臭いの相談もよくあります

換気扇の下でタバコを吸う方に多いですが、換気扇は建物の構造上隣地に近いところに設置されることが多いです

換気扇で集められたタバコの煙がお隣に向けて換気されていきます

特に換気扇の下でタバコを吸う場合は換気扇の位置関係に特に注意が必要です

 

ベランダ喫煙は迷惑行為?

入居者からの相談でタバコのにおいが洗濯物につくというご相談がありました

当社としては管理会社として相談者のことは伏せてベランダでタバコを吸うのは止めてほしいとお伝えしました

『ベランダでの喫煙は禁止行為ではない』ということをおしゃられましたが、住人様同士トラブルになることもお伝えさせていただき、他人の洗濯物にたばこの臭いを付けていることについては迷惑行為ということで判断させていただきました

 

まとめ

健康増進法を改正に伴いたばこの煙については我慢されていた方が声を上げています

管理会社としても自宅での喫煙についてはできるだけ対応したい気持ちはありますが、世の中はたばこの受動喫煙については厳しい評価になってきています

当社では賃貸の契約時に分かりやすい項目として、タバコについての記述も入れるように進めています

 

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人