ビレッジハウスの申し込みで仲介手数料が発生しない方法とは?

ビレッジハウスは、公式サイトから申し込みを行うと、仲介手数料がかからない状態で入居する事が出来ますよね。

しかし、初期費用が安く済むというメリットがありますが、デメリットも存在します。

そこで注目されているのが、仲介手数料がかからない仲介会社経由で申し込みを行う方法です。

今回はビレッジハウスの申し込みで、仲介手数料がかからない仲介会社を利用するメリットなどを中心に解説していきたいと思います。

 

仲介手数料がかからない申し込み方法のデメリット

それではまず、初期費用が安い公式サイトから申し込みを行う事で、仲介手数料がかからない事で発生するデメリットから解説していきましょう。

ビレッジハウスでは、公式サイトから直接申し込みを行う事で、仲介会社を介さないので仲介手数料がかからないというメリットがありますよね。

しかしその一方で、直接申し込みをすると申込手続きから入居するまでの工程を、全て自分で行う必要があります。

入居に必要な書類は、専門的な用語などもあり慣れないと修正点があったりするため、スムーズに手続きが進まない事があるというデメリットもあるのです。

 

ビレッジハウスの申し込みを仲介会社を通して行うメリット

では次に、ビレッジハウスの申し込みを仲介会社を通して行うメリットについて解説していきたいと思います。

 

手続きがスムーズ

まず1つ目は、手続きがスムーズという事です。

仲介会社は、賃貸物件の契約手続きに非常に慣れているので、書類の手続きがとてもスムーズに行えます。

素人だと、審査に必要な書類を揃えるのに時間がかかったり、記入方法などが分からない事が多く、それだけで手間取ってしまう事が多いですが、仲介会社は慣れている担当者がいるので、教えられた通りに記入すれば間違いありません。

たくさんある記入項目も、最終的には担当者が確認してくれるので、記入漏れの心配もありません。

 

即日内見が出来る

2つ目は、即日内見が出来るという事です。

ビレッジハウスでは、引っ越しシーズンですと申し込みをしても、なかなか内見の日程を決めるまでに時間がかかります。

部屋数が限られているため、希望の部屋に入居するためにはスピードも重要です。

混みあっている時期では、ビレッジハウスに申込みを行っても当日に内見をする事はほぼ不可能ですが、仲介会社経由なら当日内見できる可能性が高くなるのです。

これは、仲介会社の場合、現地で案内してくれる担当者をすぐに確保することが出来ますが、ビレッジハウスの場合は集中管理事務所から該当の物件の内見予約を確認した上で、実際に案内してくれる管理人とタイミングを合わせるからです。

そのため、出来るだけ早く内見をしたいという人は、仲介会社を通した方がメリットが大きいと言えるでしょう。

 

仲介手数料がかからないケースもある

そして3つ目は、仲介手数料がかからないケースもあるという事です。

仲介会社を通すと、必ず仲介手数料が発生すると思っている人が多いと思いますが、そうではありません。

ビレッジハウスでは、物件によって仲介手数料をビレッジハウス側が全額負担する所と、全く負担しないかで分かれています。

そのため、仲介手数料がかからない物件を選べば費用が必要ないのです。

また、仲介会社が最初から仲介手数料を請求しないというケースもあります。

これは、ビレッジハウス側が仲介会社に対して広告料の名目でお礼を支払っているからです。

そのため、仲介手数料を取らなくても、利益が発生しているので入居者には請求しないというケースもあるのです。

 

ビレッジハウスを取り扱っている仲介会社は?

では次に、ビレッジハウスを取り扱っている仲介会社について解説していきたいと思います。

ビレッジハウスは、大手の仲介会社ならほとんど取り扱っていると考えて良いでしょう。

例えば、「アパマンショップ」「ミニミニ」「エイブル」「ホームメイト」「いい部屋ネット」などが挙げられます。

どの仲介会社も、一度はCMなどで見たり聞いたりしたことがあると思います。

このように、ある程度知名度のある仲介会社ならば、ビレッジハウスを取り扱っている可能性が高いです。

逆に、個人経営の仲介会社などはビレッジハウスの取り扱いがないケースがあるので注意しましょう。

 

ビレッジハウスの仲介手数料は物件や仲介会社次第

それでは最後に、ビレッジハウスの仲介手数料は、物件や仲介会社次第という部分について解説していきたいと思います。

ビレッジハウスでは、公式サイトからの直接申し込みが主流となっているため、直接申し込み以外の方法では必ず仲介手数料が発生してしまうと思っている人が多いでしょう。

しかし、ビレッジハウスが扱っている物件の中には、仲介手数料が発生しない所もありますし、仲介会社によってはビレッジハウスからの広告料だけで入居者には、仲介手数料を請求しない所もあるのです。

このような物件や仲介会社を選べば、面倒な書類の手続きなどを行ってくれる仲介会社経由で申し込みをした方が入居者にとってはメリットが多いと言えるでしょう。

 

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの申し込みで仲介手数料が発生しない方法とは?というテーマで、詳しく解説してみました。

仲介会社を通すと、必ず仲介手数料が発生してしまうと考えがちですが、今回ご紹介したように仲介会社によっては仲介手数料が発生しない方法もあるのです。

また、同じビレッジハウスでも物件によって仲介手数料が発生しないケースもあります。

仲介会社を通して、スムーズに手続きを行いたいけれど仲介手数料が心配という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いた人