賃貸マンション

ビレッジハウスの退去費用について詳しく説明します!

ビレッジハウスは初期費用や入居時の負担が少ない『敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料! 』けれども、気になるのが退去費用についてです。

また、退去手続きや注意すべき点なども知りたいですよね。

そこで今回は、ビレッジハウスの退去費用について、退去手続きの流れや注意すべき点なども踏まえて詳しく解説して行きたいと思います。

現在、ビレッジハウスに入居していて、退去費用について知りたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビレッジハウスの退去費用

それでは早速、ビレッジハウスの退去費用について解説していきましょう。

室内クリーニング費用

まず1つ目は、室内クリーニング費用です。

ビレッジハウスの退去時には、必ず室内クリーニング費用がかかります。

クリーニング費用は、部屋の㎡数によって異なり、1㎡=1,100円となっています。

室内クリーニング費用は、どんなにキレイな状態にして退去するとしても、必ず発生する費用なので覚えておきましょう。

原状回復費用

2つ目は、原状回復費用です。

ビレッジハウスの退去時には、室内クリーニング費用だけでなく、追加での修繕費用がかかる可能性があります。

部屋を借りている間に、何かを壊してしまったり傷つけてしまった場合は、借主が修繕の費用を負担しなければなりません。

例えば、下記のような例が挙げられます。

  • タバコを吸った事によるヤニ汚れ
  • 家具を移動する際に、壁に穴を開けてしまった
  • 床に大きな傷をつけてしまった
  • 給湯器などの設備を壊してしまった

上記のような事例では、原状回復費用を請求される可能性が、非常に高いので覚えておきましょう。

短期解約違約金

そして3つ目は、短期解約違約金です。

ビレッジハウスは、「敷金・礼金なし」「仲介手数料なし」「フリーレント1ヵ月」「3万円キャンペーン」などで初期費用が通常の賃貸よりも安く設定されています。

そのため、短期解約違約金を設定してペナルティを設けているのです。

「1年未満の解約の場合は、賃料1ヶ月分」の違約金が発生する事になっているので、覚えておくようにしましょう。

ビレッジハウスの退去手続きの流れ

では次に、ビレッジハウスの退去手続きの流れについて解説していきたいと思います。

契約事務センターに連絡する

まず1つ目は、契約事務センターに連絡をするという事です。

ビレッジハウスの退去手続きは、ビレッジハウス契約事務センターに電話連絡をして行います。

電話番号:0120-991-417

上記の番号に電話連絡をすると、退去手続きを行う事が出来ます。

メールもしくは郵送でやり取りを行う

2つ目は、メールもしくは郵送でやり取りを行うという事です。

ビレッジハウスの退去手続きは、電話連絡だけでなくメールもしくは郵送で文書のやり取りを行う必要があります。

退去の申請は、文書の返信をメールで行えば確認が取れて完了となります。

郵送の場合は、メールに比べると退去申請が遅くなる可能性があります。

メールで、退去希望日や退去立会い日時などの打ち合わせを行えば、申請手続き完了です。

退去立会い・退去

そして3つ目は、退去立会い・退去です。

ビレッジハウスの退去立会いは、原状回復費用が必要になるか確認します。

その後、退去日までに鍵を返却して、退去する流れとなります。

ビレッジハウスの退去時に注意すべき点

それでは最後に、ビレッジハウスの退去時に注意すべき点を解説していきましょう。

ビレッジハウスの退去に関しては、退去の申請を1ヵ月前までに通知する必要があるという点を注意しましょう。

退去の申請をして、手続きが完了してから1か月間は、家賃が発生する事になるので注意が必要です。

そのため、必要以上に家賃が発生しないようにするためには、退去したい日から1ヵ月以上前に退去申請の手続きを完了させておくようにしましょう。

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの退去費用というテーマで、詳しく解説してみました。

ビレッジハウスの退去費用は、通常の賃貸とそれほど違いはありません。

しかし、室内クリーニング費用が部屋の大きさによって決められている事や、退去手続きの流れが若干他の賃貸とは異なります。

不動産会社に退去申請をするという形ではなく、ビレッジハウスの契約事務センターが手続きを一括管理しているので、退去したい時は注意しましょう。

【手続き】
ビレッジハウスの入居までの流れ

【ビレッジハウスのデメリット】
オプション費用(給湯器・エアコン)がかかる
ビレッジハウスは音が響きやすい?
短期違約金が厳しい?

【ビレッジハウスのメリット】
メリットとデメリットについて
初期費用がとんでもなく安い
仲介手数料がかからない
評判は?
UR賃貸との違いは?

【サービス】
引越しサポートはお得?

【審査】
ブラックリストについて
高齢者でも入居審査は通る?
外国人でも入居できる?
学生でも入居できる?
入居条件とは
無職や生活保護受給者は入居できる?
審査に落ちる事例は?

【契約】
電子契約について
代理契約について
マネージメント会社は

【入居】
家賃の値上げはある?
インターネットについて
BSCSは利用できる?
自治会は入る必要ある?
事務所利用はできるの?
エレベーターはあるの?
駐車場は?
家賃を滞納したら?
女性の一人暮らしはできる?
火災保険は必要?

【退去】
退去費用は?
 
 
 
 
 
 

 

 

ABOUT ME
mati
不動産歴27年目で生まれ育った神戸で小さな不動産屋を運営しています 『不動産のお役立ち情報』『地域のお役立ち情報』をブログで不定期に公開しています。不動産のお困り事などございましたら、お問い合わせフォームよりいただきましたらできるかぎりご回答させていただいております。
   
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。