ビレッジハウスでの女性の一人暮らしについて詳しく解説します!

初期費用が安い事で人気のビレッジハウス。

ファミリー世帯だけでなく、一人暮らしでの入居を希望する人も多いと思います。

しかし、実際に一人暮らしの人はいるのか、また女性の一人暮らしで危険ではないのか不安に思っている人もいますよね。

そこで今回は、ビレッジハウスでの女性の一人暮らしについて、詳しく解説していきたいと思います。

女性で、今後ビレッジハウスでの一人暮らしを検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

ビレッジハウスで女性の一人暮らしをしている人っているの?

それではまず、そもそもビレッジハウスで女性の一人暮らしをしている人っているの?という部分から解説していきましょう。

結論から言うと、実際にビレッジハウスで一人暮らしをしている女性はいます。

しかし、一人暮らしの割合は女性よりも男性の方が多いというのが現状のようです。

女性の一人暮らしは危険?

では次に、女性の一人暮らしは危険なのかという事について解説していきたいと思います。

ビレッジハウスでは、確かに女性よりも男性の一人暮らしの人の方が多い傾向がありますが、だからと言って特別女性の一人暮らしが危険というわけではありません。

ビレッジハウスでは、女性で一人暮らしをしている人もいるので、必要以上に怖がる事はありません。

しかし、ビレッジハウスは初期費用が安いというだけでなく、入居審査が一般的な賃貸物件に比べるとゆるいという特徴がある事から、様々な入居者がいます。

日本人だけでなく、外国の人も多く入居している所もあり、そのようなビレッジハウスでは入居者同士の文化の違いによるトラブルが起きてしまうケースもあります。

そのため、女性だから特別危険というわけではありませんが、色々なタイプの入居者がいるという事は頭に入れておいた方が良いでしょう。

ビレッジハウスは女性の一人暮らしには広すぎる?

では次に、ビレッジハウスは女性の一人暮らしには広すぎるのかという事について解説していきたいと思います。

ビレッジハウスは、ファミリー向けの間取りになっている事が多いと言われています。

そのため、女性が一人暮らしをするには、少々広すぎるという印象を持つかもしれませんね。

具体的な間取りとして、ファミリー向けになると3DKタイプのお部屋が多いのですが、3DKは一人暮らしには広いと感じるでしょう。

ビレッジハウスで、女性が一人暮らしをするのであれば、2DK前後のお部屋がおすすめです。

ビレッジハウスで女性が快適に一人暮らしをする為のポイント

それでは最後に、ビレッジハウスで女性が快適に一人暮らしをする為のポイントをご紹介していきたいと思います。

ファミリー世帯が多い物件を選ぶ

まず1つ目は、ファミリー世帯が多い物件を選ぶという事です。

先ほど、ファミリー向けの間取りでは、女性の一人暮らしには広すぎるという事を解説しましたが、治安面を考えるならばファミリー世帯の多い物件を選ぶ事をおすすめします。

独身の男性や外国人の入居者が大半を占めているような物件では、やはり女性が一人暮らしをするのは心細いでしょう。

間取りが広くても、女性の一人暮らしで入居できないという事はありませんので、治安の良さを最優先に考える場合は、ファミリー世帯が多い物件を探すようにしましょう。

周辺環境が整っている物件を選ぶ

2つ目は、周辺環境が整っている物件を選ぶという事です。

入居しようと思っているビレッジハウスの周辺に、治安が悪くなりそうな建物や施設がある場合は考えた方が良いでしょう。

直接トラブルを起こさなくても、トラブルに巻き込まれる可能性もあり得ます。

また、ビレッジハウスの敷地内の環境もよく確認しておく事をおすすめします。

ゴミ置き場が乱雑になっていたり、駐輪場の使い方などの様子を確認すれば、その物件の雰囲気をかなり把握することが出来ます。

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスでの女性の一人暮らしについて詳しく解説してみました。

ビレッジハウスでは、女性に比べて男性の一人暮らしの割合の方が多く、危険なのでは?と心配している人も多いかもしれません。

しかし実際は、ファミリー世帯も多く女性の一人暮らしだからと言って、特別危険性があるという事はないという事が分かりましたね。

ただし、物件によって治安の良さに違いはあるので、入居前にしっかり周辺環境を確認しておくようにしましょう。

この記事を書いた人