ビレッジハウスの初期費用はどのくらい?安い秘密も説明します!

引っ越しをする時に、一番悩むのが初期費用ですよね。

引っ越しをするだけでもお金がかかるのに、さらに初期費用が高いとけっこう痛い出費になります。

ビレッジハウスは、初期費用が安いと言われていますが、最終的な金額が分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ビレッジハウスの初期費用というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

これから、ビレッジハウスへの引っ越しを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビレッジハウスの初期費用は?

それでは早速、ビレッジハウスの初期費用について解説していきたいと思います。

ビレッジハウスでは、入居する際には下記の費用があれば大丈夫です。

 

  • 入居月の日割り家賃
  • 翌月の賃料
  • 家財保険料

 

ビレッジハウスでは、一般的な賃貸で必要になる「敷金・礼金」「仲介手数料」「鍵交換費用」などの費用が全て無料となっています。

そのため、家賃が77,000円、駐車場費用が5,720円、家財保険料が15,000円の場合、おおよそ10万円前後の費用で引っ越しをする事が出来るのです。

 

一般的な賃貸の初期費用は?

では次に、一般的な賃貸の初期費用を見てみましょう。

 

  • 敷金(2ヶ月分):144,000円
  • 礼金(1ヶ月分):77,000円
  • 仲介手数料(1ヶ月分):77,000円
  • 前家賃:77,000円
  • 前駐車場料金:5,720円
  • 家財保険料(2年):14,500円
  • 保証会社利用(初回契約料):20,000円
  • 鍵交換費用:16,500円

 

賃貸物件によって、キャンペーンなどで多少金額は異なりますが、おおよそ上記のような初期費用が必要になります。

この結果を見ても、ビレッジハウスの初期費用がいかに安いか分かりますね。

 

ビレッジハウスの初期費用が安い理由

では次に、なぜビレッジハウスの初期費用がここまで安く出来るのかという事について解説していきたいと思います。

 

連帯保証人がいらないから

まず1つ目の理由としては、連帯保証人がいらないからという事です。

一般的な賃貸物件の場合、ほとんど連帯保証人が必要になりますよね。

しかしビレッジハウスでは、毎月家賃を「アプラス」が代行していて、万が一家賃滞納が発生してもビレッジハウス側に損害が出ないような仕組みになっています。

簡単に言うと、ビレッジハウスが連帯保証会社と契約しているというような形になっているので、入居者は連帯保証人を立てる必要がありません。

そのため、賃貸物件を借りる際に必ず必要になる保証会社費用がかからず、初期費用が安くできるというわけです。

 

フリーレントと3万円キャッシュバックキャンペーン

2つ目の理由としては、フリーレントと3万円キャッシュバックキャンペーンがあるからという事です。

これは、ビレッジハウス最大の特徴とも言えますね。

通常、一般的な賃貸物件の場合は、入居する際に前家賃が必要になります。

しかし、ビレッジハウスではフリーレント制度で前家賃が必要なく、初期費用がかからないのです。

また、3万円キャッシュバックキャンペーンもあるので、かなり初期費用を抑えることが出来ます。

火災保険は強制加入ではないから

そして3つ目の理由としては、火災保険は強制加入ではないからという事です。

通常、賃貸物件に入居する際は、必ず「家財保険」「借家人賠償責任保険」「個人賠償責任保険」に加入しなければなりません。

しかし、ビレッジハウスではこの3つのうち、家財保険以外の2つはすでにビレッジハウスが加入してくれているのです。

そのため、家財が心配な場合は任意で加入する事が出来るという仕組みになっています。

ただし、ビレッジハウスの中でも火災保険が強制加入の物件もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

ビレッジハウスの初期費用を確実に抑える為のポイント

それでは最後に、ビレッジハウスの初期費用を確実に抑える為のポイントをご紹介していきたいと思います。

 

内見の際に管理人さんに詳しく情報を聞いておく

まず1つ目は、内見の際に管理人さんに詳しく物件に関する情報を聞いておくという事です。

ビレッジハウスの契約に関する事は、管理人さんに聞いても対応してもらえませんが、物件に関する質問なら詳しく教えてもらえます。

普段から、物件の管理をしている管理人さんならではの情報を聞く事で、思わぬお得情報をゲットできる可能性もあります。

 

キャンペーン適用対象の物件かを確認する

2つ目は、キャンペーン適用対象の物件かどうかを事前に確認するという事です。

ビレッジハウスでは、ほとんどの物件で同じキャンペーンを行っていますが、中には適用対象外の物件もあります。

そのため、確認しないまま契約してしまうと、想像以上に初期費用が必要になってしまうという可能性があります。

確実に、初期費用を抑えたい場合は、事前に確認しておくようにしましょう。

 

郊外の築浅物件がおすすめ

そして3つ目は、郊外の築浅物件がおすすめという事です。

都心に比べて、利便性は多少落ちますが、生活に支障が出ないのであれば郊外の築浅物件がおすすめです。

なぜなら、都心でも築古物件だと入居後に何かと修理が必要になって、初期費用が想像よりも必要になってしまうケースがあるからです。

また、都心の場合はそれだけ家賃も高くなるので、可能なら郊外の築浅物件を探すと初期費用を確実に抑えることが出来るでしょう。

 

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの初期費用について詳しく解説してみました。

引っ越しの際に、必ず必要になる初期費用。

引っ越しするだけでもお金がかかるため、出来るだけ安く抑えたいですよね。

今回は、確実に初期費用を抑えるポイントもご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

この記事を書いた人