IT重説・契約の電子化で不動産業界が一変する世界がすぐそこまできています

現在、不動産屋さんはアナログの世界だから成り立っているところは多いです

ただ、IT重説・契約の電子化がすすむことで店舗が必要なくなる世界が近い未来にやってくるかもしれません

不動産取引は基本的には仲介手数料という大きな費用がかかります

その点、不動産の電子化が進むことで今後、手数料も下がっていき取引ももっとスムーズに進むかもしれませんね

 

不動産業のIT化への遅れ

日本の不動産業はIT化から取り残されています

物件情報は不動産流通機構に掲載されている場合とそうでない場合があり、実際

集客

不動産屋の仕事では集客してお客様に不動産を紹介します

以前は不動産店舗に来られて不動産を貸したり、借りたい、売ったり、購入したりということでなりたっていました

最近はポータブルサイト(スーモ、ホームズ、アットホーム)などのサイトで不動産を探す方が非常に多くなってきています

今後もこの傾向は変わらないようです

 

電子契約・重要事項説明IT化

電子契約、重要事項説明IT化は不動産業界のいままでの根幹というべき部分でしたが

国土交通省で平成16年度から電子契約、重要事項説明のIT化を模索する実験をやってこられています

未来像としては旧態依然のままの不動産業界の改革があると思います

不動産業界がオープンになることで、不動産の流動性、コスト削減などが起こるため

活性化されることが予想されます

 

管理

不動産賃貸管理士の登録義務化

2020年3月6日に閣議決定され、法律も制定されています

サブリースなど法律の抜け道でのトラブルが多くなり、不動産賃貸管理士の重要性が高まってきています

今後は万能だった宅地建物取引士に変わる賃貸の専門家として不動産賃貸管理士が専門性を発揮します

 

不動産が専門職として生まれ変わる

いままでの契約、客付け、管理などのいままでの収益としての柱が

不動産のIT化で収益として見込まれなくなる可能性が高くなるかもしれません

今後は不動産業というものが専門家集団としてのアドバイスやサポートなどが

収益の大きな柱になるのではないかと考えています

 

まとめ

ここ数年の大きなシステムの動きは戦後から続いた宅建業法で成立していた不動産業界でした

60年近く続いていた制度が今後大きく変わっていく可能性があります

また、10年後には宅建業法の改正も今後考えられるのではないでしょうか?

 

この記事を書いた人