ビレッジハウスの借り方について入居までの流れを詳しく解説します!

ビレッジハウスは、初期費用が一般的な賃貸物件に比べると安いという事もあり、非常に人気が高いですよね。

しかし、実際にビレッジハウスの借り方や入居までの流れが分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ビレッジハウスの借り方というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

これから、ビレッジハウスに入居したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

抽選なしですぐ住める格安物件探しなら、今すぐ検索!

ビレッジハウスの借り方【入居までの流れ】

それでは早速、ビレッジハウスの借り方【入居までの流れ】を解説していきましょう。

内見の申し込み

まず1つ目は、内見の申し込みをするという事です。

ビレッジハウスの公式サイトで、「問い合わせはこちら」のアイコンから、内見の申し込みを行う事が出来ます。

ビレッジハウスの内見には、その物件を管理している管理会社の人が立ち会う事になっているので、現地との調整を行う必要があります。

日時などの調整を行い、1~2日程度で内見の日程が決定します。

内見の申し込みは、電話でも出来ますがメールの方がスムーズでしょう。

実際に部屋を内見する

内見の日時が決定したら、実際に部屋を内見します。

内見当日は、現地で管理会社の人が待っているので、しっかりと部屋の中を内見できます。

しかし、管理会社の人はあくまで部屋を見せるだけの役割なので、通常の不動産会社の担当者のように、物件に関するセールスや契約内容に関して等の質問は出来ません。

そのため、詳しい契約内容に関しては、ビレッジハウスに聞くようにしましょう。

ただし、実際にその物件に住んでいる住人の雰囲気や年齢層などは教えてもらえる事が多いので、聞いてみても良いでしょう。

入居申し込みを行い、審査に必要な書類を提出する

3つ目は、入居申し込みを行い、審査に必要な書類を提出します。

内見をして部屋が気に入ったら、申し込みを行いましょう。

申し込み用紙だけ、その場で提出する事も可能です。

その場合は、下記の項目の記入が必要です。

  • 名前
  • 住所(契約者、同居人がいる場合は同居人も)
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先
  • 年収
  • 緊急連絡先

全て記入したら、内見に同行してくれた管理人さんに渡します。

その後、入居審査のための必要書類をメールかFAXで送ります。

必要書類は、下記の通りです。

  • 顔写真付きの身分証明書両面の写し
  • 収入証明書の写し(源泉徴収、直近1ヵ月分の給与明細、仕事の内定証明書、各種受給証など)

入居審査の結果が分かるまでは、おおよそ2日~1週間ぐらいかかります。

審査に通過すると、メールまたは電話で連絡が来るので、その後契約に進みます。

賃貸契約書を提出する

入居審査に通過したら、賃貸契約書を提出します。

賃貸契約書は、コンビニなどでプリントアウトして必要項目を記入します。

そして、全て記入したらメール添付またはFAXでビレッジハウスに送れば完了です。

日割り家賃と次月の家賃を支払う

契約が済んだら、指定された口座に入居日から月末までの日割り家賃と、次月の家賃を振り込みます。

ビレッジハウスでは、家賃は最初だけ振込みで行われ、その後は自動引き落としになります。

入居開始

全ての手続きが完了したら、ビレッジハウスに入居開始という流れになります。

ビレッジハウスを借りる際の注意点

では次に、ビレッジハウスを借りる際の注意点について解説していきたいと思います。

内見時に敷地内の環境も確認しておく

まず1つ目は、部屋の内見をした際に、敷地内の環境もチェックしておくという事です。

敷地内がしっかり綺麗に清掃されているかや、ゴミが散乱していないかなど、管理が行き届いているかを確認するようにしましょう。

入社したばかりの場合は雇用証明が必要

2つ目は、申し込みのタイミングが入社したばかりの場合は、雇用証明が必要という事です。

基本的に、ビレッジハウスの審査では、直近の給与明細が必要になります。

しかし、入社したばかりのタイミングで申し込みを行った場合、給与証明がないケースもありますよね。

その場合は、勤務先があるという事を証明する「雇用証明書」や「内定通知書」などの書類が必要になります。

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの借り方というテーマで、詳しく解説してみました。

ビレッジハウスでは、実際に入居するまでほとんど人と接しないような形で契約まで行います。

そのため、内見の時以外は仕事が忙しくてなかなか時間が取れない人でも、メールなどでやり取りが出来るのでスムーズでしょう。

これから、ビレッジハウスへの入居を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人