ビレッジハウスのオプションとは?内容や仕組みについて解説します!

家賃や初期費用が安い事で人気のあるビレッジハウスですが、入居時に設備のオプションが選べるという事を知っていますか?

知らない人も多いと思いますが、ビレッジハウスのオプションは、一度つけると退去するまで辞めることが出来ません。

そのため、入居時の選択が非常に重要となってくるのです。

そこで今回は、ビレッジハウスのオプションについて、詳しく解説していきたいと思います。

これから、ビレッジハウスに入居しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

住まいが探せるビレッジハウスなら、欲しい暮らしがお手頃価格で始められます。手数料は一切不要

ビレッジハウスのオプションとは?

それでは早速、ビレッジハウスのオプションとはどのようなものなのかという点から解説していきたいと思います。

ビレッジハウスのオプションとは、入居時に希望の場合は「エアコン」「キッチンの給湯器」「ガステーブル」「洗面台」をつける事が出来ますよというサービスです。

強制ではないので、もちろんオプションをつけない状態でも問題ありません。

しかし、ビレッジハウスのオプションは、入居する際にしか追加する事が出来ないので、入居後にやっぱり必要だったと思ったとしてもつける事が出来ないという部分は注意が必要です。

オプションの詳しい内容や仕組み

それでは次に、ビレッジハウスのオプションの詳しい内容や仕組みについて解説していきたいと思います。

オプションで追加できる設備

ビレッジハウスのオプションで、追加出来る設備は下記の通りです。

エアコン

ビレッジハウスの場合は、標準でキッチンと隣接する部屋(リビング)に1台無料でエアコンがついています。

もしも、その他の部屋にもエアコンを設置したい場合は、1台につき毎月1,000円の費用が発生します。

ちなみに、個人的にエアコンを購入して取り付ける事は出来ない事になっているので注意しましょう。

キッチンの給湯器

ビレッジハウスでは、キッチンには標準では水だけの蛇口のみ設置されています。

そのため、冬場などでガス給湯器が必要な場合は、毎月1,000円の費用が必要になります。

もしも、ゴム手袋をつけた状態で洗い物をする場合は、節約のために付けないという選択をする人もいるようですね。

ガステーブル

ビレッジハウスでは、標準では自分でガステーブルは持ち込みタイプとなっています。

しかし、貸してもらいたいという人には、毎月1,000円で貸し出しを行っています。

2年程度確実に住む予定ならば、自分で買って設置してしまった方がお得かもしれません。

洗面台

ビレッジハウスでは、標準で古いタイプの洗面台は設置されています。

しかし、新しいタイプの洗面台の方が良いという場合は、毎月1,000円で設置してもらう事が出来ます。

追加は入居時のみ

先ほども解説しましたが、ビレッジハウスのオプションは入居時のタイミングでしか追加する事が出来ない仕組みになっています。

どうしても、入居前の段階では、本当に必要なオプションかどうか判断するのが難しい時がありますよね。

しかし、入居後に追加したいと思っても、ビレッジハウスのオプションは追加する事が出来ないので覚えておくようにしましょう。

追加するごとに家賃が上がる

オプションの種類を見れば分かる通り、一つ追加するごとに1,000円ずつ費用が発生します。

そのため、全てのオプションを追加すると、4,000円ほど家賃が上がる計算になります。

また、前に住んでいた住人がオプションを追加している場合は、家賃そのものが高くなっている可能性もあります。

ビレッジハウスのオプションは必要?

ビレッジハウスのオプションは、強制ではありません。

そのため、オプションをつける必要がない場合は、選択せずに入居する事も可能ですので安心してください。

選択するならこのオプション

それでは最後に、ビレッジハウスで選択するならこのオプションというものをご紹介します。

選択するならば、「キッチンの給湯器」と「ガステーブル」は追加する事をおすすめします。

エアコンや洗面台は、最低限の設備として必ず設置されているものですので、追加しなくても物凄く不便さを感じるかと言ったらそうでもないでしょう。

しかし、キッチンの給湯器とガステーブルは、違います。

もともと標準の場合でも、この2つは設置されていないので、水だけで洗い物をするのが苦手な人や、自炊をよくする人は追加しておいた方がお得です。

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスのオプションについて詳しく解説してみました。

ビレッジハウスのオプションは、強制ではないので特に必要と感じなければ追加しなくても大丈夫です。

しかし、入居してから追加したくても、後から追加することが出来ないので、そこだけ注意が必要でしょう。

これから、ビレッジハウスに入居したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人