ビレッジハウスの初期費用について詳しく解説します!

賃貸物件を借りる時に、必ず必要になってくるのが初期費用ですよね。

多くの賃貸では、一定額の初期費用が必要です。

しかし、ビレッジハウスの初期費用については、あまり具体的に分からないという人もいますよね。

そこで今回は、ビレッジハウスの初期費用について詳しく解説していきたいと思います。

これから、ビレッジハウスに住みたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビレッジハウスの初期費用

それでは早速、ビレッジハウスの初期費用について解説していきましょう。

実はビレッジハウスでは、通常の賃貸契約時に発生する初期費用は、ほぼ全て無料となっているのです。

敷金・礼金

まず、敷金・礼金は無料です。

ただし、ペット可物件でペットと一緒に住みたい場合は、敷金1ヶ月分が必要になります。

仲介手数料

ビレッジハウスでは、直接申し込みを行えば、仲介手数料も無料になります。

他の不動産会社が仲介をしていると、契約時に仲介手数料が発生しますが、ビレッジハウスで直接申し込みを行えば仲介が必要ないので費用は発生しません。

連帯保証人・連帯保証会社

ビレッジハウスでは、連帯保証人や連帯保証会社との契約が必要ないので費用が発生しません。

これは、ビレッジハウスでは家賃の集金代行を「アプラス」という会社が行っていて、万が一入居者が家賃を滞納したとしても、ビレッジハウスには毎月きちんと家賃が入ってくる仕組みになっているからです。

そのため、入居者は連帯保証人などをつける必要がなく、初期費用も発生しません。

火災保険は強制ではない

多くのビレッジハウスでは、火災保険への加入は任意となっているので、初期費用を節約したいという人は加入しなくても良いのです。

しかし、物件によっては火災保険加入が強制のところもあるので、事前に確認するようにしましょう。

鍵交換費用

ビレッジハウスでは、鍵交換費用も無料となっています。

これに関しては、ビレッジハウスのどの物件に入居しても、無料となっているので安心です。

ビレッジハウスの初期費用が安い理由

では次に、ビレッジハウスの初期費用が安い理由を解説していきましょう。

ビレッジハウスの初期費用が安い最大の理由は、一般的な不動産会社で発生するような費用が発生しないという点です。

一般的な不動産会社では、敷金・礼金をはじめ、仲介手数料など入居者にとって負担となる費用が多くあります。

しかし、ビレッジハウスではそのような費用が一切発生しないため、通常必要となる初期費用が安く済むというわけなのです。

さらに、ビレッジハウスでは、「フリーレント1ヵ月」「3万円引っ越しサポート」などのキャンペーンを行っているという事も、初期費用が安い理由となっています。

フリーレントとは、家賃無料サービスの事を言い、ビレッジハウスの場合は前家賃1ヶ月分を無料で入居できる事になっています。

このような手厚いサポートにより、圧倒的に安い初期費用で入居する事が出来るようになっているのです。

初期費用を出来るだけ0円に近づけるコツ

それでは最後に、初期費用を出来るだけ0円に近づけるコツをご紹介していきたいと思います。

 ビレッジハウスと直接契約を結ぶ

まず1つ目は、ビレッジハウスと直接契約を結ぶという事です。

不動産会社に仲介してもらうと、仲介手数料が発生してしまうので、初期費用を出来るだけ抑えたい場合はビレッジハウスと直接契約するようにしましょう。

月初め(1日)から住むようにする

2つ目は、月初め(1日)から住むようにするという事です。

ビレッジハウスは、入居当月分は日割り家賃が発生します。

そのため、月初めから住み始めれば余計な費用が発生しないで済むので覚えておくと良いでしょう。

ペットを飼わない

3つ目は、ペットは飼わないという事です。

ビレッジハウスには、ペット可物件がありペットと一緒に住める所もあります。

しかし、ペット可物件の場合は、敷金1ヶ月分の費用が発生してしまうので、初期費用を出来るだけ0円で抑えたいという人はペットは飼わないようにした方が良いでしょう。

キャンペーンを利用する

そして4つ目は、キャンペーンを利用するという事です。

ビレッジハウスでは、「フリーレント1ヵ月」や「3万円引っ越しサポート」のようなキャンペーンを行っています。

そのため、キャンペーンを上手に利用すれば、初期費用を0円に近づけて入居する事が可能となるのです。

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの初期費用について詳しく解説してみました。

ビレッジハウスでは、通常の賃貸物件と比べると安い初期費用で入居する事が可能となっています。

初期費用は、入居者にとって出来れば安く抑えたい部分ですよね。

ビレッジハウスでは、今回ご紹介したように入居者にとって負担になりやすい初期費用を、可能な限り0円に近い状態に近づけられるサポートが充実しています。

これから、ビレッジハウスに住んでみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人