ビレッジハウスの審査は落ちる?落ちた事例や審査期間などもご紹介します!

ビレッジハウスに限らずですが、基本的に賃貸物件に入居したいと思った時は、申し込み後に入居できるか審査が行われます。

ビレッジハウスでも同じように審査が行われ、その審査に通過しないと入居する事が出来ません。

しかし、詳しい審査内容やどのような事が原因で審査に落ちるのか、具体的に分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、ビレッジハウスの審査は落ちるものなのか、そして落ちた事例や審査期間に関しても、詳しく解説していきたいと思います。

これからビレッジハウスに入居したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビレッジハウスの審査は落ちるの?

それでは早速、そもそもビレッジハウスの審査は落ちるものなのかという部分を解説していきましょう。

ビレッジハウスは、初期費用が安いだけでなく審査がゆるい事でも有名です。

そのため、審査は形だけで落ちる事はないのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし、ビレッジハウスの審査でも100%通過するとは限らないのです。

一般的な賃貸物件の審査よりはゆるいですが、それでもビレッジハウスが定める審査基準を満たしていなければ、審査に落ちる事はもちろんあります。

 

審査に落ちた事例

では次に、実際にビレッジハウスの審査に落ちた事例をご紹介していきたいと思います。

ここでご紹介する事例に当てはまっている場合は、ビレッジハウスの審査に落ちてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。

 

過去にビレッジハウスで家賃滞納歴がある

まず1つ目は、過去にビレッジハウスで家賃滞納歴がある場合です。

ビレッジハウスに限らずですが、家賃が継続的に支払える能力があるという事が、入居の前提条件とも言えます。

そのため、過去に家賃滞納歴がある場合は、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いと言えるでしょう。

また、過去にビレッジハウスの物件で、ルールを守らない行動が目立ったり、他の入居者とのトラブルが多かった場合も、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

 

言葉遣いや身なり・態度が悪い

2つ目は、言葉遣いや身なり・態度が悪い場合です。

その人の言葉遣いや身なり・態度というのは、審査の際にその人が入居者としてふさわしいか判断する一つの基準となります。

ビレッジハウスに入居後、他の入居者とトラブルを起こしそうな人は、入居させたくないですよね。

そのため、あまりにも言葉遣いが乱暴だったり、身なりや態度が悪いとビレッジハウスの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

 

犯罪歴・前科・反社会的勢力の方

3つ目は、犯罪歴・前科・反社会的勢力の方の場合です。

これは、確実に入居審査に通過する事は出来ません。

ビレッジハウスだけでなく、一般的な賃貸物件の場合も、これらのケースでは審査は落ちてしまいます。

また、犯罪歴・前科・反社会的勢力などの理由によって、生活保護を受給している場合もビレッジハウスの審査は落ちてしまうと考えて良いでしょう。

 

 収入に適していない家賃

そして4つ目は、収入に適していない家賃の場合です。

ビレッジハウスの審査では、基本的に月収の3分の1までの家賃を設定していれば、入居審査には問題ないと言われています。

しかし、月収の3分の1以上の家賃を設定している場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

 

ビレッジハウスの審査期間や必要な書類

それでは最後に、ビレッジハウスの審査期間や必要な書類について解説していきたいと思います。

 

審査期間

まず、審査期間から見ていきましょう。

ビレッジハウスの審査は、だいたい2日~3日で結果が出ると言われています。

しかし、必要書類に不備があったりすると、修正などが必要になるのでその分審査結果が遅れる事になります。

また、審査を行う時期が繁忙期や定休日に重なる場合は、5日程度見ておいた方が良いでしょう。

 

必要な書類

では次に、ビレッジハウスの審査に必要な書類をご紹介していきます。

審査に必要な書類は、下記の通りです。

 

  • 身分証(運転免許証・健康保険証・住基カード・在留カードなど)
  • 収入証明書(所得証明書など)
  • 通帳の写し(収入の振り込みが確認できる通帳)
  • 住民票(契約時までに準備する)

 

この他に、仕事を始めたばかりの人は、「内定通知書」「在職証明書」「雇用証明書」などが必要です。

そして、生活保護を受給している人は、「生活保護受給証明書」が必要です。

さらに、年金受給の方は、「年金受給証明書」が必要になります。

通常は、上記の書類で大丈夫ですが、審査の内容によってはさらに追加で必要書類が増える可能性もあります。

 

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの審査は落ちるのか、落ちた事例や審査期間というテーマで詳しく解説してみました。

ビレッジハウスに限らず、賃貸物件に入居する際は入居審査が行われます。

その審査に通過しないと入居する事が出来ないため、とても重要な部分と言えるでしょう。

基本的に、ビレッジハウスの審査はゆるいと言われていますが、今回ご紹介した事例に当てはまる人は落ちてしまう可能性が高いと言えます。

これから、ビレッジハウスに入居したいと考えている人は、審査に落ちた事例に当てはまっていないか確認してみると良いでしょう。

 

 

この記事を書いた人