賃貸マンション

ビレッジハウスは高齢者でも契約できる?住み心地などもご紹介します!

mati

高齢者の中には、賃貸物件を契約する事は若い人に比べるとハードルが高いと感じる人が多いのではないでしょうか?

家の間取りもそうですが、家賃や初期費用などを考えると、なかなか契約するまでに大変というイメージがあるかもしれません。

そこで今回は、ビレッジハウスは高齢者でも契約できる?というテーマで、住み心地なども併せて解説していきたいと思います。

高齢で、ビレッジハウスへの入居を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビレッジハウスの空き住戸の確認はこちらをクリック下さい

ビレッジハウスは高齢者でも契約できる?

それでは早速、ビレッジハウスは高齢者でも契約できるのか?という点について解説していきたいと思います。

結論から言うと、ビレッジハウスは高齢者でも契約できます。

ビレッジハウスの入居条件として、安定した収入があれば入居できる仕組みになっているからです。

この安定した収入には、年金での収入も含まれているので、実際に働いていない高齢者でも契約する事が可能なのです。

関連記事:ビレッジハウスの審査は落ちる?落ちた事例や審査期間などもご紹介します!

ビレッジハウスは高齢者におすすめ?

では次に、ビレッジハウスは高齢者におすすめなのか?という事について解説していきましょう。

ビレッジハウスの入居条件は、賃貸物件の中でも非常にゆるいと言われているので、様々な状況の人が同じ物件内に入居しています。

高齢者はもちろん、ファミリー世帯から外国人まで幅広い入居者のタイプがいます。

こうした、いろいろなタイプの入居者がいるビレッジハウスでは、入居者同士が関われる機会も積極的に作っていて、孤立しがちな高齢者もコミュニティの中に、自然と入る事が出来ます。

社会との関りが少なくなってくる高齢者にとって、色々な人と関わる事が出来るビレッジハウスは、おすすめの賃貸物件と言えます。

ビレッジハウスの高齢者の入居率とは?

さて、ここまででビレッジハウスは高齢者でも契約ができ、おすすめの賃貸物件という事をご紹介してきましたが、実際にビレッジハウスに入居している高齢者の割合はどのくらいなのでしょうか?

ビレッジハウスを運営している「ビレッジハウス・マネジメント」が、2021年に調査したところ、65歳以上の高齢者は全体の1割にとどまっているという事が分かりました。

新規入居申し込み者の5割近くが、年収250万円未満の人と言われており、その中には高齢者や外国人も含まれています。

特に、旧雇用促進住宅時代の部屋をリフォームして、住みやすい賃貸住宅へ移行してからはその数も伸びつつあるようですが、それでもファミリー世帯や若い人の入居率に比べると、高齢者は少ないというのが現状のようですね。

ビレッジハウスが行う高齢者が住みやすくなる工夫

では最後に、ビレッジハウスが行う高齢者が住みやすくなる工夫についてご紹介していきたいと思います。

使いやすい設備に移行

まず1つ目は、使いやすい設備に移行しているという事です。

旧雇用促進住宅の時は、少し不便さを感じる設備が多かったビレッジハウス。

例えば、現在では当たり前にある給湯器がなかったり、室内に洗濯機が置けない部屋も実際にあります。

また、高齢者にとってあると便利な、温水洗浄便座やクッションフロアなどもない所が多かったのです。

このような、高齢者にとって暮らすのに少し不便と感じるような設備を、少しずつリノベーションしながら提供しています。

高齢者向けの見守りサービス

2つ目は、高齢者向けの見守りサービスです。

高齢者によっては、親戚や身近な頼れる人がいないというケースも多く、室内で何かあっても見つかるまでに時間がかかってしまったり、最悪のケースでは孤独死に繋がってしまう可能性もあります。

このような高齢者の心配を、少しでも解消しようとビレッジハウスでは見守りサービスの提供を、色々な角度から検討しています。

家賃を月額3万円台から設定

そして3つ目は、家賃を月額3万円台から設定しているという事です。

ビレッジハウスでは、年金収入である高齢者でも入居する事が出来ますが、それでも家賃で毎月固定でお金が出て行ってしまいます。

年金の中から、生活費も捻出している高齢者にとって、家賃があまりにも高いと入居を考えてしまう事も多いでしょう。

このような点を考慮して、ビレッジハウスでは家賃を月額3万円台から設定しており、収入に合わせて部屋を選べるようにしています。

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスは高齢者でも契約できる?というテーマで、住み心地なども併せて解説してみました。

ビレッジハウスでは、高齢者や外国人など低所得者でも入居できるように、様々な工夫が行われているという事が分かりましたね。

また、旧雇用促進住宅時代の設備から、現代に合わせた設備へ徐々に移行されており、今後さらに高齢者にとって住みやすい賃貸物件へとなっていくでしょう。

これから、ビレッジハウスへの入居を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビレッジハウスの空き住戸の確認はこちらをクリック下さい

ビレッジハウスの入居までの流れ
【注意したいところ】
オプション費用は?
防音対策は大丈夫?
違約金について
メリットとデメリットについて
初期費用は
評判は?
UR賃貸との違いは?
火災保険は必要?
仲介手数料は?
女性の一人暮らしはできる?

【サービス】
引越しサポートはお得?

【審査】
ブラックリストについて
高齢者でも入居審査は通る?
外国人でも入居できる?
学生でも入居できる?
入居条件とは
無職や生活保護受給者は入居できる?
審査に落ちる事例は?

【契約】
電子契約について
代理契約について
マネージメント会社は

【入居】
家賃の値上げはある?
インターネットについて
BSCSは利用できる?
自治会は入る必要ある?
事務所利用はできるの?
エレベーターはあるの?
駐車場は?
家賃を滞納したら?

【退去】
退去費用は?
住まいが探せるビレッジハウスなら、欲しい暮らしがお手頃価格で始められます。手数料は一切不要

    マチ不動産のサービス

    新規物件のお知らせメール
    リフォームの見積もり依頼
       

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUT ME
    記事URLをコピーしました